上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の名は矢橋成介35歳、三重の財産と呼ばれても過言ではない男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、65キロと言う体重を誇っている。
他にも似たような肉の付き方をした輩もいるが、それでもヘビー級チャンプに君臨している偉大な男だ。

おう、おまえら。
今日も元気にラード食ってるか?

今日登場したのは他でもない。
先日、三重の至宝ことこの俺、矢橋成介が、競艇専門チャンネルことJLCの『支部長に聞く』と言う番組に出演。

もはや、最強支部と言っても良いくらいに成長した三重支部。
その三重支部の支部長はもちろんこの俺、矢橋成介。

NO.1支部長になった俺様の話を聞きたくて仕方がない民衆たちの声に応えてのJLC出演。

ブラウン管を通してでもにじみ出る漢っぷり。
本当ならここで1曲披露したいくらいだったぜ。

『やはしのうた』

(1番)
ヤはヤケ食いのヤ

ハは腹の肉

シは脂肪のシ

セは背脂のセ

イは底無しの胃

スは相撲のス

ケはケツすごい

さぁ太りましょう

(2番)
ヤっぱり美味い

ハラミ大好き

シっかり食べて

セルライト増やせ

イただきましょう

スみの隅まで

ケツまたすごい

さぁ太りましょう

どうよ、これ。
もう既にミリオンだろ?

いや、待てよ。
これ・・・今年の紅白出場、最有力候補じゃないか?
赤組のトリがアッコで、白組のトリがこの俺、矢橋成介。

有り得る。
この名曲にこの歌唱力。
音楽市場が放っとかないだろ。
SEISUKE with TK(鎌田義)結成。
おまえの携帯の着うたも俺の歌声でDOKUSEN!

肉い、肉すぎる。
これでまたファンが増えるな。

俺の名は矢橋成介。
また後半の放送もあるから必ず観てくれ。
要チェキ。
スポンサーサイト
俺の名は矢橋成介35歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、65キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を・・・他の追随を許してしまっている状況だ。

長年、ヘビー級チャンプとして艇界に君臨してきた俺、矢橋成介。
近頃じゃハムカミ王子などとも呼ばれているナイスガイだ。

しかし、その磐石かと思えた地位も近頃危うくなってきたのも事実。
前回チェックを入れた寺島和典の存在は俺、矢橋成介の独裁政権を揺るがすものにまでなった。
ここで寺島の前節・蒲郡での体重を見てくれ。

【てらしま】
初日→66.4kg
2日→66.1kg
3日→66.6kg
4日→66.9kg
5日→67.2kg
6日→67.2kg


2日目に身体を絞ると見せかけておいてまさかのリバウンド。
正にリバウンド王・寺島の名をほしいままにしている。
それどころか開催期間中に見事なまでの増量。
競艇選手としての自覚はないのか?この野郎。

そしてナイターだけあって夜食べると太るとでも言いたいのか、この男。
どれだけ食がすすむと言うんだ。
ごはんがごはんがススム君なのか。

この体重の推移。
正に俺、矢橋成介への無言のプレッシャー。


『増えるなら、増やしてやろう、コレステロール』 和典


時代。
正に戦国時代に信長から秀吉へと移り変わったように艇界ヘビー級の時代も変革の時期にきているのか。


盛者必衰。
今ではヘビー級チャンプと言う肩書きにさえ虚しさを覚える。

いや駄目だ、成介。
逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ。
俺、矢橋成介こそがヘビー級チャンプだろ。
ファイト!成介!
ガンバ!成介!


しかしながら、やはり時代はもう俺、矢橋成介を必要としていないのかもしれない。
笹川賞も何故か選ばれていなかった。
予備にすらだ。
意味がわからない。


そんな失意の日々を送りながらも俺、矢橋成介は住之江で出走中。

【やはし】
初日→65.6kg
2日→65.1kg
3日→65.2kg
4日→65.2kg
5日→65.2kg


何というキープ力。
正に三重の仙道と呼んでくれても構わない。
しかしこれで良いのか?成介。
おまえはヘビー級チャンプだろ?
こうしている間に今頃、寺島は食っちゃ寝、食っちゃ寝してるんじゃないのか?

気になる。
気になってしょうがない。
寺島と同支部の江並さんに聞こうとしても俺、矢橋成介と斡旋被って住之江出走中。
住之江め、寺島とグルなのか。
そんな迷い、苛立ち、不安の中でさえも準優出を外さない俺、矢橋成介。


12R 準優勝戦
①瓜生正義 ②樋江井愼祐 ③小野信樹 ④新美恵一 ⑤間嶋仁志 ⑥矢橋成介

予選は42252の準パーフェクトで終えた俺、矢橋成介。
それなのに何故か緑のカポックで乗艇。
これは減点でも取られたか。
手厳しいな、住之江競艇場!

それでも負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じぬくことが信条の俺、矢橋成介。
駄目になりそうな時、それが1番大事。

きた。
矢橋語録。
さすが艇界の相田みつをと三重の若手に無理矢理呼ばせているだけはある。
寺島と組んで大肥満ブラザーズバンドを結成するのも有りか。


まぁこれくらいのハンデはちょうど良いだろう。
1号艇の奴もよく知らん奴だが、この俺、矢橋成介と走れて光栄だろう。
一生の思い出にするがいい、ツメナマとか言う選手。

難しい漢字でも読めちゃうのが俺、矢橋成介。
好きな難読漢字は薔薇族。


[結果]
進入で新美とか言うのが3カドに引っ張る。
そんなにこの俺、矢橋成介のアウト戦が怖いのか。
確かにこの矢橋成介が外から来ると思うと気が気じゃないわな。
あの外専門の阿波勝哉と同じくらいのプレッシャーがあると思っていいだろう。
いや、0.5ゲーム差で俺、矢橋成介の方が上か。

まぁ俺、矢橋成介が同じようにチルト3度にしたら阿波なんぞ比にならんだろうがな。

パワー&伸びで天下無敵。
一緒に走る選手がいなくなるだろうと言う統計も出ている。(坂口周調べ)

スリットでは、三重コンビがトップスタートのコンマ10。
俺、矢橋成介にトップスタートを切らすとは。
十中八九勝負が決まったようなもんだ。

1M、⑤マーシーが攻めて俺、矢橋成介も攻める。
完璧なる三重三重レース。
客もこんな見え見えのレースだと全員買っているだろう。
オッズはマイナスを表示しているんじゃないか?

そう思い悩む俺、矢橋成介。

これじゃ面白くないだろう!
そう思った俺、矢橋成介は禁断の秘技『メタボリックターン』を敢行。


メタボリックターン[名]【めたぼりっくたーん】

ターン時に身体の全体重を舟に預けることにより、水面と舟底の間に力が生じ、もの凄い水しぶきを上げ、自らも弾け飛ぶターンのことである


これにより2Mはもう俺、矢橋成介の独壇場。
客の視線も釘づけだ。
すると2号艇の奴も便乗してメタボリック。

これで俺、矢橋成介は、妨害失格と言う判定を下されたが、まるで分かっちゃいない。
これはメタボリックターンなんだ。

結果にも『妨』じゃなくて『肥』とせねばならんだろうが。

まだまだ知名度が低い技のようだからこれからドンドン売り出して行く。

俺の名は矢橋成介。
これからも真のヘビー級チャンプを目指し、常に艇界を牽引するヘビー級でありたい。

まくり
5ー1 9番人気
6300円
5ー1ー4 38番人気
30510円

5-6なら10万コースだったのにね。
大きなぽっちゃりブタやはし
おねえちゃんを指名
百万いつも貢いでいたご自慢の女性さ
おねえちゃんと浮かれた後に
やってきた会計さ
今はもう払えない
この会計

百万払えずに
ビシバシビシバシ
おねえちゃんも一緒に
ビシバシビシバシ
今はもう動かない
その固形

コンパをやってるデブやはし
いぐちさんは余計
きれいなOLやってきた
その日も燃えていた

うれしいことに
やらしいことを
みなやってるコンパさ
今はもう抜けれない
そのコンパ

真夜中に解散した
やはし主催コンパ
お持ち帰りしていたのを
みなに隠したのさ

ラブホへと向かうエロやはし
いぐちともお別れ
ゴムがもう切れて無い
まずキヨシ

百戦休まずに
ギシアンギシアン
お姉ちゃんも一緒に
ギシアンギシアン
今はもう動けない
即射精
今はもう動かない
その包茎
俺の名は矢橋成介35歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、66キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。

この1年間、寂しい思いをさせただろう。
来る日も来る日も祈り続けた夜もあっただろう。
目を閉じれば浮かんでくる・・・三重の至宝を待ち望むファンの姿。
泣ける、月9より泣ける。
そして今、正に帰ってきた。

そう、この俺、チャンプこと矢橋成介がな!

久しいな、諸君。
もういつ以来かを考えるのも面倒なくらいカレンダーをめくり続けた日々だったな。
多分、2006年のこの日以来。
正直、2007年の登場など皆無。

しかし、この2月22日。
そう、正にネコの日に復活。
ネコちゃん大好き。

きた、さっそくきた。
ネコ好きアピール。
動物愛護協会から表彰モノ。
正にキャ党忍伝てやんでぃ。

世間では『矢橋さん、引退したの?』『焼肉屋に鞍替えしたの?』などと言うデマが横行していたようだが、心配するな。
俺、矢橋成介はここにいる。

確かに、去年は『艇王引退!』などと言うニュースが艇界を賑わせただけに、俺、矢橋成介が引退したと思ったファンが多数、三重に詰め掛けたこともあった。

だが安心しろ、みんな。
俺は辞めさせられるまでは競艇を辞めたりしない。
絶対にな!!
食べることも決してやめない。
絶対にな!!


きた、セイスケ宣言。
正にポツダム宣言ばりに歴史に名を残す気配満載。
好きな横文字はラード。


そんな2008年の俺、矢橋成介は少し焦りを感じている。
今までは、正に競艇界のヘビー級チャンプの名を欲しいがままにしてきた俺、矢橋成介。
しかし、ここに来てその牙城を崩さんとする選手が現われた。

その名も寺島和典(埼玉)。
現在、66kg。
前々からマークしていた選手の1人だったが、何をトチ狂ったのかここまで育っていやがった。

俺、矢橋成介と同期で寺島と同じ埼玉の江並浩一さん(62kg)から『寺島危険』と言うメールをもらって気付いたんだが、それがなければ危うく見過ごすとこだったぜ。
この時ばかりは義兄弟の存在をありがたく思ったぜ。

それにしても寺島、何をどうやればここまで増量するんだ?
こいつは自分が競艇選手だという自覚があるのか?
俺が埼玉支部長だったら叱り付けてやるところだぞ。
埼玉支部長・・・確か山崎義明さんだったな。
優しさだけじゃ支部を束ねることは出来ない。

その点、三重支部長であり、三重の至宝でもある俺、矢橋成介はアメとムチを使い分ける天才。
井口を叱りつけては澤を甘やかす、井口を怒鳴りつけては澤におごってやる。
トップに立つ人間はこれくらいちゃんとアメとムチを使い分けないと誰もついてこない。

出た、トップに立つ者の威厳ある言葉。
正に『支部長の品格』という本でも出せばベストセラー作家になること間違いなし。
しかし俺は競艇一筋。
二足のわらじを履くわけにはいかない。
・・・狂おしい、この知性とカリスマが。

まぁ俺が三重支部長で命拾いしたな、寺島。
だがな、寺島。
三重支部になる時は覚悟しろよ!


そんな他支部の人間にすら競艇選手としての心構えを説く俺、矢橋成介は現在、児島のG3に出走中。

以前、児島でヘビー級王座決定戦が行われ、何かの手違いで呼ばれなかった時は、『もう走ってやんないぞ』と怒り心頭になった俺、矢橋成介。
しかし、後に児島から『呼ぶまでもなかった』と言う詫びの言葉があったので、今は関係を修復。
さすがに客を呼べる俺、矢橋成介との関係だけは、こじれさせたくなかったようだ。
勿論だろう、当然だろう。

何というかG3に斡旋する辺りにその媚び度がわかるものよ。
Gとは正に『重力』のこと。
G1などは軽すぎて走ってられない。
その点、俺、矢橋成介はG1など呼ばれない。
呼ばれるならG3。
施行者もその辺り、よくわかっている。


そう例えば公園にあるシーソー。
あのシーソーで今、俺、矢橋成介と張り合えるのは寺島和典くらいだ。
それくらいG3は権威がある。
正にヘビー級たちの憧れと言っても過言ではない。

そんな俺はここまで435の成績。
さすがG3。
一筋縄ではいかない連中ばかりだ。


2R
①藤家妙子 ②金澤一洋 ③柳澤千春 ④矢橋成介 ⑤里岡右貴 ⑥西茂登子

展示タイムは6.80とダントツのタイムを叩き出した俺、矢橋成介。
さすが艇界のヘビー級チャンプと呼ばれるだけあって、人より早いタイムなわけがない。

そんなことよりこのレース、女子が混ざっているな。
どう考えても俺、矢橋成介のファン。

くふぅぅ、これはマズイ。
俺、矢橋成介は半分は優しさ、半分は肉で出来ているという漢。
そう、正にバファリンも真っ青なナイスガイ。
俺のファンで女子となれば尚更、本気を出せないな。

差し
2ー3 7番人気
1360円
2ー3ー1 19番人気
4920円


9R
①荒井輝年 ②赤坂等 ③岡瀬正人 ④熊谷直樹 ⑤矢橋成介 ⑥小林基樹

金澤は空気読めよ。

さて後半戦、またもや展示タイムは6.80を叩き出した俺、矢橋成介。
当然、6番手のタイムだ。

それにしても前半戦で4号艇、後半戦で5号艇ってどれだけこの矢橋成介を怖れているんだ?
確かに俺、矢橋成介が内枠を取った瞬間に勝負は決まったようなもんだが、これ程あからさまにやられるとな。

こういうイバラの道を避けて通れないのがチャンプの宿命。
そりゃ当地勝率3.79という破格の数字になるってもんよ。

4号艇には熊谷?とかいうSG2冠?の奴がいるみたいだが、5号艇の俺、矢橋成介のチャンプマーク差しにせいぜい怯えるがいい。
差された瞬間の断末魔が今にも聞こえてきそうだな。

まくり
4ー6 8番人気
3780円
4ー6ー1 18番人気
7660円


今日も児島、いや全国の矢橋成介ファンに存在をアピール出来たようだな。
三重の至宝としてこれからも輝き続けることをここに約束しよう。
明日は児島にあの及川奈央ちゃんも俺、矢橋成介の応援に駆け付けてくれるようだ。
奈央ちゃんに、俺のスロットルレバーを熱く握り締めてもらう為に、明日だけはチャンプのチャンプによるチャンプレースを披露することをここに誓う。


俺の名は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。
俺の名は矢橋成介34歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、64キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。


・・・それにしても久し振り過ぎじゃねぇか?
どう考えても俺、矢橋成介の登場を待ち望んでいたファンは大多数だろ。
すっかり忘れ去られたんじゃないかとヒヤヒヤしたもんだぜ、全く。
この矢橋成介抜きに昨今の競艇が語れると思ってるのか?
語れるわけなかろうに無理だろうに。


改めて7ヶ月振りの登場となる俺、矢橋成介。
充電期間に齢をまた1つ重ねたことでグッと渋さが増したよな。
右から見てもイケメン。
左から見てもイケメン。
上から見てもイケメン。
下から見たら・・・ちょっと二重アゴかな。

いや、でも少しくらい欠点が有る方がいいんだ。
それを補う為に努力をすればまた1つ成長出来るからな。

きた。
また1つ新たな矢橋語録が生まれてしまった。
やはり三重支部長は俺しかいない。

そんな俺は今、下関の一般競走に参戦中。
確か明日から賞金王決定戦が始まる筈だったが、今だに住之江から連絡はない。
まぁ俺はトライアルから参戦するみたいだからもうちょっと下関に居てやるか。

それにしても俺、矢橋成介。
未だに怒りに震えている出来事がある。
この間、『せいすけ』と義兄弟の契りを結んでいる『せとうち』の児島で第1回ヘビー級王座決定戦なるものが開催されたんだよ。
当然、俺の所にも話が来るんだろうなと思って一生懸命に増量。
『まぁ・・・この体重なら走る前に矢橋成介の優勝決定かな』と思ってたのに一向に連絡が来ない。
『まぁ・・・俺くらいになると優勝戦から登場かな』と思ってたのに普通に山地正樹とか言う軽量級が優勝して開催を終了しやがった。

これには俺、矢橋成介も言葉がなかった。
斡旋されてたメンバーを見てもヒョロヒョロのガリガリばっかり。
俺がライバルとまだ認めてもいい田中雅文や大屋賢司、同期の坂元真一や江並浩一の名前すらなかった。
これでヘビー級王座決定戦とは片腹痛い。
ヘビー級とはどう言うものか。
この矢橋成介が身体を張って教えてやろうか。

や・・・やばすぎる
は・・・腹の肉や
し・・・脂肪の量が
せ・・・世界一
い・・・いつでも
す・・・すごいぜ
け・・・ケロロ軍曹


きた。
正に今、人気のアニメさえもチェックしている矢橋成介。
競艇だけじゃない。
他の方面にも長けているのが三重三重。
夜の街でも有名人。

兎に角だ。
明日からは前座の賞金王シリーズ戦ってのが始まるらしい。
12位にも入れない奴らの話など俺には全く関係ないが、まぁ頑張れよ。

2006年。
最後に笑うのはヘビー級チャンプこと俺、矢橋成介。
来年も笑って会おうぜ。

俺は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。


てなわけで今日、久し振りチャンプの居たレースを買った良2です、こんばんは。

勿論、チャンプをハズして買った。
一丁前にカドとか取ってたけど伸びないから意味ねぇw
見事に的中したので、久し振りにチャンプ登場と相成りました。
でももうチャンプのネタも尽きた感が。

で、そんな太めの選手は置いといて、賞金王シリーズが明日から開幕。
ちょろちょろ買ってみたいと思います。
んで、そこそこ儲かったら週末は住之江本場に行こうかなとも考えてます。

シリーズ優勝予想は鳥飼か植木。
俺の名は矢橋成介33歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、64キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。


今節の俺は、雄大な海の景色が望める競艇場で有名な児島競艇場に出走中。
まるでこの海全てが俺の事を表すかのような瀬戸内海だな。


せ と う ち


せ い す け


クリソツ。
全く持ってまんま俺と被ってるじゃないか、瀬戸内。
そろそろ伊勢の海だけではなく瀬戸の海も制するのも悪くないな。

正に海賊。
ワンピースは俺のモノ。

ここにチャンプ海賊団結成を宣言。

船長には正に俺、矢橋成介(64㌔)

剣士には同期の江並浩一(59㌔)

航海士には犬童千秋(52㌔)

コックにも矢橋成介(64㌔)


正に最強海賊団。
向かう所TE・KI・NA・SHI。


8R
①矢橋成介 ②栩本佑介 ③谷口勝 ④田内康博 ⑤小林純一 ⑥諏訪忠宏


ここまで65445553とスランプに陥った感アリアリの俺、矢橋成介。
俺は悪くない。
悪いのは瀬戸内の干満とか言う潮。
全部潮のせいだ。

しかしここは無敵のイン戦を誇る俺、矢橋成介。
0台スタートを決めて誰にも差させない曳き波を起こすインモンキー。

そう、正にモーゼの十戒を彷彿させる曳き波を作り出す事が出来る男・矢橋成介。
好きなジャムはマーマレード。

外を見れば一山なんぼの雑魚ばかり。
モンキーなしでも勝てるか?

【結果】
最近では『艇界の亀田3兄弟』とも呼ばれる俺、矢橋成介。
確かにチャンプロードまっしぐらだよな、俺たち。

そんな俺は36のケツスタートをインから決めあげる。

阿鼻叫喚の児島競艇場。
やはり皆、俺から全財産の勝負か。
確かにここはサービスレース以外の何物でもない超本命レース。

しかし見ろ、児島の客よ。

この強引なインモンキー!!!


痺れるな、本当。
自分にうっとりするぜ。

完璧なインモンキーに酔いしれた児島の客。
生きてて良かったな。

この矢橋のインモンキーが生で見れたのだから・・・。


俺の名は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。


まくり差し
5-4 30番人気
12460円
5-4-1 107番人気
42850円


ほんっっっっっっっっとに使えねーこいつと思った良2です、こんばんは。

前日、児島で儲かったから最終日もと8Rから買ったんですが、いきなりチャンプ登場。
チャンプ2着付けで③-①-④⑤⑥と⑤-①-③④⑥を購入。
完璧、道中に2着で走ってたっぽいのにブターンを炸裂させて④田内に抜かれる始末。
⑤-④-①で4万て_| ̄|○

まぁ惜しかろうが何だろうが当たらなきゃ意味なし。
このブタレースのせいで凹んだのでこの日は8Rだけで終わりました。
俺の名は矢橋成介33歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
そして何を隠そうそろそろ国宝にも!と言う声が聞こえる程だ。
職業は何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、64キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。


去年の12/4か以来か・・・。

今年初のチャンプ登場だ。
待たせたな、愚民共。
2006年もフェロモン全開待ったなしの俺、矢橋成介。
好きな歌は鼻歌。

2006年ももう3ヶ月が過ぎたわけだが、今年の俺はほとばしるやる気がそれはもう身体中から溢れ出ている。
後輩からも『競艇以外は結構やりますよね!矢橋さん!』『やる気だけは凄いですね!矢橋さん』とベタ褒め。
やはりこの辺りがカリスマ・・・カリスマ性なのかと自分に酔いしれる。

駄目だ、成介。
自惚れるな、成介。

と、ここでも自分を律する事が出来るのが俺、矢橋成介。
三重の支部長の座がよく似合う。


そんなエロカワイイ俺、矢橋成介は現在地元の津競艇場に参戦中。
今日が3日目だが、もう既に出待ちでスタンバッてるファンも居るんだろうな。
もう暫し待っていてくれ、熱烈な矢橋ファンのみんな。
俺は最終日最終レース後に津競艇から颯爽と出てくるから。


8R
①吉田慎二郎 ②山本隆幸 ③坂上毅 ④矢橋成介 ⑤田中太 ⑥井上恵一


ここまで3625の成績な俺、矢橋成介。
小者はちょっと手を抜くと、すぐ必死になってくるから困る。
さて、そろそろ本気パワーを出すか。

①吉田にはアヒル顔の兄貴が居たな。
ガッハッハッハッハ。
相手にならんよ、君など。

極一部でイケメン呼ばわりされてる②山本。
どうみても俺の方がイケメン。
そう、艇界のガンタンクと呼ばれる俺に比べたら鼻糞みたいなもの。

吹き飛ばしてやるぜ、この矢橋成介が!
吹き飛ばしてやるよ、この矢橋成介が!
吹き飛ばしてやるか、この矢橋成介が!

これぞ矢橋三段活用。
知力だってヘビー級。
IQはMUGENDAI。


そう言えばこのレースに⑤田中太のおっさんが居るが、誰に断って『太』なんて名前を付けてるんだ。
その漢字が艇界一似合うのはこの俺、矢橋成介。


矢橋太。


次の人生ではこの名前で有りたい。

来世さえもヘビー級を狙う貪欲な俺、矢橋成介。
現世と来世で2冠達成。
好きな言葉は生クリーム。

さぁ、矢橋劇場の開幕だ。

【結果】
三重の至宝と呼ばれて早10年。
三重の名産は?と聞かれれば松阪牛・伊勢エビ・矢橋成介と答える三重県人。
そんな矢橋ファンの為にももう遊んでいるわけにはいかない。

進入で⑤偽太とF2の⑥井上が入って来やがった。
小者はコースを取らないと勝てなくて大変だな。

スタートは中凹みで俺、矢橋成介は5コースから2番手スタート。
『捲っちゃうか?んー?捲ってやろうか?』と内艇を睨み上げると『ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ』と叫び、怖れおののく小者達。
このまま捲りきるのは惨たらしいので、最内をチャンプ差し。

この鋭さ、まるでナイフ。
そう、正に超一流のパティシエがプロ根性丸出しで使用しているナイフと遜色ない差しが1Mで炸裂。
しかし、前には②山本と⑤太が。
『チィ!!』チャンプ差しが甘かったか。

先頭を走れないのなら意味はない。
前へ行くがいいさ、小者達。

敗北。
しかし今日の敗北を未来に繋ぐ事が出来るのが俺、矢橋成介。
負ける事で男は強くなれる。
そう、正に踏まれても伸び行く雑草のように・・・な。


俺の名は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。

逃げ
2-5 5番人気
860円
2-5-6 6番人気
1750円


昨日儲かったからって久々にチャンプを買った良2です、こんばんは。

でも本当、いらなかった。
1M過ぎてからの伸びのなさは酷いの一言。
チャンプの辞書に『伸び』と言う言葉は一切ないんだろうな。
まぁあれがチャンプの走りなんだけど。

それにしてもあれは競艇の直線に見えない。

俺の名は矢橋成介33歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、64キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。


昨日、チャンプバースデー以来の登場と言ったが、8/16に登場していたな。
おっちょこちょいな俺も胸キュン。

そんな俺は今日、蒲郡で優勝戦に乗る。
そう、正にチャンプロード。

皆の夢を乗せて走る夢追い人、矢橋成介。
俺の両の肩に『重圧』の2文字がのしかかる。


蒲郡
12R 優勝戦
①松井繁 ②渡邊雄一郎 ③松浦努 ④桂林寛 ⑤矢橋成介 ⑥後藤道也


愛知と言えばシャチホコ。
そのシャチホコよりもまばゆい輝きを放つ男、矢橋成介。
好きな言葉は夢。


24121転。
これが今節の俺の成績。
皆、この『転』を転覆と思ってるようだが、そうではない。
この『転』は『転生』の『転』。
そう、正に俺、矢橋成介は生まれ変わったのだ。
最早、こうなった俺は誰も手が付けられない。


正に解き放たれたYA・JYU。


1号艇が物凄い勢いで売れている。
こいつが『王者、王者』と呼ばれてたが、皆、俺が1号艇と勘違いして買っているんだな。
騙されるな、客よ。

チャンプはここに居る。

③松浦がチルトを1.5に跳ねて6コースに出た。
これで俺が4カド。
漢・矢橋のカド戦が蒲郡の闇夜に舞う。

優出インタビューでは

『ここが1番スタート決め難い場。年末ジャンボを買うつもりで買ってください』

等とリップサービスも忘れない俺だが、本気を出せば0台スリット。
内を絞め殺して優勝してやるわ!

1M、①ニセ王者と目が合う。

『ヤメテ・・・』

俺は思った。
こいつも必死なんだと。
俺と間違われて売れてしまって、意地でも負けられない。
聞けばこいつは、一般戦の1号艇に何度乗っても優勝出来ないと言うではないか。

脆い。
情に脆い男、矢橋成介。

1M、差し込めた捲り差しを差し込まずに後退。
しかし、三重支部長として⑥道也さんの差し場だけは作ったぜ。

義理。
義理人情を重んじる男、矢橋成介。
抱かれたい重量級選手ナンバー1。


今日は俺の優しさが裏目に出てしまったな。
まだまだ修行が足りないぜ、成介。

逃げ
1-2 2番人気
450円
1-2-6 7番人気
2030円


今日、応援してくれたファンには申し訳なかったが、これからも漢・矢橋を応援してくれ。
今日の失敗を糧に漢道を邁進する事を誓うぜ。

そう、正に三重の名産である松阪牛のように成ってみせる。

この矢橋成介に二言はない!
この矢橋成介に二言はない!


俺の名は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。


何だかんだでチャンプの優勝を願っていた良2です、こんばんは。

カドから良いスタートを決めた時は、一瞬行けるかと思わせてくれたのですがね。
舟券もチャンプ絡みしか買ってなかったので

『あと5キロ痩せてれば・・・』とか思いましたが、それじゃチャンプがヘビー級チャンプじゃなくなるので。
これからもチャンプらしくガンガン行っちゃって欲しいです。

頑張れ、矢橋成介。


それにしても、先週ずっと私がのたまってた宮島の岡部。
本当、今節も岡部にはヒモ、トリ買いでしこたま稼がせていただきました。

ありがとう岡部哲。
配当付き過ぎだって、マジで。
次は江戸川。

頑張れ、岡部哲。
俺の名は矢橋成介33歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、64キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。


それにしてもみんな、暫く振りだな。
チャンプバースデーの7/28以来か。
光陰矢橋の如し。

俺の事を忘れずに平凡で怠惰な毎日を生きていたか?
俺はハードボイルドな毎日を怠惰に生きていたぜ。

早くも炸裂させてしまったな、YAHASHI節。

久し振りであろうがなかろうが、おまえらのハート瞬時に鷲掴み。
それこそがヘビー級チャンピオン矢橋の宿命。
狂おしい、この才能と存在全てが。

そんなヘビー級チャンピオンである俺は現在、蒲郡のナイターレースに出走している。
夜になれば一際輝きを増すと言われる俺、矢橋成介を見に来る客で蒲郡は売上2倍は堅いだろうな。

憎い。
憎過ぎるぜ、矢橋成介。


12R
①矢橋成介 ②西川真人 ③佐野隆仁 ④松浦努 ⑤木山和幸 ⑥大澤晋司


前半レースが1Rで、後半レースが12Rに登場と言う今日の俺。
蒲郡の番組マン、わかっているじゃないか。
俺をオープニングレースと最終レースで使う事によって、1日中客を繋ぎ止めておけると言う事が。

良いだろう、それも。
注目を浴びる事もヘビー級チャンプの宿命。
敢えていばらの道を歩いて行くぜ。

厳しい。
自分に厳しく出来る男、矢橋成介。
好きな色は俺色。

それにしても今節の蒲郡。
俺以外にも『王者』と呼ばれている男が居るらしいじゃないか。
生意気な。
王者とはヘビー級王者の俺にこそ相応しい称号。
そう、正にI am チャンプ。
生半可の奴が王者と呼ばれると、俺まで軽く見られる。

この矢橋成介が王者とはどういう物か教えてやろうか!
この失橋成介が王者とはどういう物か教えてやろうか!

同じように見えて実はちょっと違う。

魅せる。
今夜も魅せつける男、矢橋成介。



さて、お遊びはここまでだ。
今日の俺は前半の1Rで1着。
ここまで24121と俺らしくない成績。
ちょっと1着が少ないよな、この矢橋にしては。

まぁこのレースでチャンプ逃げをお見舞いする事が既に決まってるから24121となるけどな。

さぁ、闇夜のチャンプカーニバルが幕を開けるぜ。

【結果】
闇夜に咲いた一輪の花。
そう、それは正に矢橋成介。

1番人気がよく似合う。

③佐野が2コースに入ってきやがった。
小者はコースを取らないと勝てないみたいだな。
それに比べ俺ときたら体重をフルに活用して、曳き波を作っては相手をハメ、曳き波を作っては相手の艇をバタつかせと正に男のレース道をひた走る第1人者。

おまえも餌食にしてやるぜ、③佐野。

とか言ってたらインからスタート踏めずにコンマ34。
③佐野が捲ってきやがった。
これじゃ俺の曳き波にハメれないじゃないか。

ピンチ。
正にヘビー級ピンチ。

1Mではどうする事も出来ずモロに曳き波を食らって後退する俺、矢橋成介。
このままじゃチャンプカーニバルどころじゃねぇ。

2M周って最後方。
この矢橋とした事が。
これじゃあ全国の矢橋ファンに申し訳が立たない。

2周1M。
勝負はここしかない。

3着争いをしている⑤木山と⑥大澤の間に入り込んで、チャンプアタックからそこをチャンプ差しで行くしかない。

と、正にチャンプアタックを放ったその刹那。


転覆


その水しぶきの量はアメダスも困らせる程。
ヘビー級チャンピオンは転覆でさえも魅せる。

煽りを食った⑤木山は落水。
アクシデントチャンプアタック。

⑤木山に艇を当てたわけじゃないのに⑤木山は吹っ飛んで落水しやがった。
風圧・・・風圧なのか?
チャンプアタックはそこまで危険な技だったのか?

この技は危険過ぎる・・・封印だ。

まくり
3-4 8番人気
1970円
3-4-6 13番人気
4930円


冬の夜空に派手に転んだ俺、矢橋成介。
でもインパク知は十分残った筈だ。

そして明日は優勝戦に乗艇。

12R 優勝戦
①松井繁 ②渡邊雄一郎 ③松浦努 ④桂林寛 ⑤矢橋成介 ⑥後藤道也


『王者』と呼ばれる男と優勝戦で激突。
どちらが本物の王者か思い知らせてやるぜ。

この矢橋成介がな!
この矢橋成介がな!

意気込みと体重だけはSGクラス。
そして仕上げる。
明日は転覆した影響を残さずに仕上げてみせる。
見ていろ、チャンプは俺だ。


俺は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。


そんなこんなで久し振りにチャンプのレースを買った良2です、こんばんは。

本当に久し振りに自分が買ってた所にチャンプが登場してくれました。
①チャンプの頭と③佐野から、私の好きな岡山人④努のいつものヒモ付けで

①-④-⑤⑥
③-④-①⑤⑥

で買いました。
①チャンプは転覆して華々しく消えたけど、私の舟券は当たったから良かったです。
優勝戦、頑張れ矢橋成介。
王者はおまえだ。
俺の名は矢橋成介33歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

しかしながら最近の俺様は61.9キロと減量。
やはり今年の夏は俺の肉体さえも絞り上げるくらい暑い。

夏・夏・夏・夏・ここ名津。

そんな夏が最も似合う男・矢橋成介。
こんがり焼けた肌がまた俺の男前を上げる。


そんな俺は最近33才になったばかり。
33才になって迎えた最初の斡旋は琵琶湖。
ここで俺はアーティスティックな成績を披露。


335215532


ここに俺からの隠されたメッセージが有ったのを知っているか?おまえら。

33才になった521(ゴツイ)俺、55(GOGO)32才の俺。


33才になって更にゴツサに磨きをかけるよ、さようなら32才の俺と言う意味だ。

魅せる、全てにおいて魅せ付ける男・矢橋成介。
好きな決まり手は抜かれ。


そんな俺もお盆は地元レースに参戦。
正に矢橋凱旋ライブだ。
この開催を心待ちにしていた津のファンも少なくないだろう。
そう、正に客泣かせNO.1の選手・矢橋成介。


5R
①伊藤誠二 ②矢橋成介 ③森岡正博 ④松元保徳 ⑤桐本康臣 ⑥河合三弘


惜しくも紙一重で優勝戦には出られなかった俺・矢橋成介。
しかし最終日の一般戦でも手は抜かない、腐らない、投げ出さない。
そう、それがYAHASHIイズム。

よそ者の①イトーが居るな。
津が得意で、今節の優勝候補だったくせにだらしない成績だ。
喝を入れてやろうか、この矢橋成介が。
喝を入れてやろうか、この矢橋成介が。

④松元はチルトを3度に跳ね上げての大外から勝負か。
小物はそういう事でしか客にアピール出来ないのが悲しいな。
俺なんぞ、その存在だけで輝きを示している。
そう、正に三重の名産で有る真珠は俺、矢橋成介そのもの。
その輝きは100億万カラット。

まぁ④松元の大外からの攻撃は、俺の弟子で有り、YAHASHIイズム継承者の⑤桐本がスタンバっているから外の動きは奴に任して置いて良いだろう。
頼むぞ、⑤桐本。

【結果】
スタートタイミングはコンマ16のトップスタート。
スタートが早い①イトーを出し抜く辺りに俺のスター性を感じざるおえない。
しかし外から伸びを見せる④松元の強襲。
⑤桐本も抵抗するがこのままでは危うい。

『仕方ねぇ』

ここで俺様必殺の


1Mキャビテーション


説明しよう!
1Mキャビテーションとは、矢橋成介の全体重を1Mにかけ、1Mに有る水を水面下に押し潰す事により、誰もそこを通り抜ける事も差す事も出来ないと言う津競艇と矢橋成介が一体となって初めて成せる技なのだ。


『うすどぉぉん!!』


そう、それはまるでさるかに合戦のうすどんのように荒々しく力強く1Mに停滞し、全ての動きを止める。

④松元・・・俺の庭で好き勝手はさせねぇぜ。


だが④松元ばかりに気を取られてたら①イトーに逃げられちまった。
おっちょこちょいがたまにキズ、しかしそれがまたかわいいと言われる俺・矢橋成介。

まぁ3着でも我慢、男は我慢。


俺は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級で有りたい。

逃げ
1-6 6番人気
1220円
1-6-2 20番人気
5410円


たまたまJLCつけたらイトーくんと矢橋が一緒に乗ってたから買ってみた。
この舟券取れて嬉しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。