上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけで大晦日、一年の最後です。
いつものように簡単に振り返りたいと思います。

【私的艇界10大ニュース】
1 マーサク選手、ちゃんとしたSGで優出
2 池選手→道上選手
3 福岡競艇場でリベンジ達成
4 泰照さんとエレベーター
5 イトーくんが久々にSG登場
6 笹川賞準優での原田幸哉プロ
7 賞金王シリーズの大阪勢
8 平尾プロ、一日二転覆
9 平和島1マークのスタンド閉鎖とイベント広場移転
10 競艇に愛想を尽かし、競馬を始める

振り返ると、ろくなことがなかった。

【行った競艇場】
・戸田
・江戸川
・平和島
・多摩川
・浜名湖
・蒲郡
・常滑
・津
・住之江
・尼崎
・丸亀
・児島
・下関
・芦屋
・福岡

ぶつくさ言いながら15場も行ってた。
まぁ逆に言うと、普通の競艇がつまんないから旅打ちすることで楽しもうとしたあらわれ。

【万舟券】
93本

[内訳]
桐生(3)戸田(1)江戸川(0)平和島(13)多摩川(4)
浜名湖(5)蒲郡(15)常滑(5)津(1)三国(2)
琵琶湖(2)住之江(3)尼崎(1)鳴門(4)丸亀(7)
児島(2)宮島(0)徳山(2)下関(5)若松(5)
芦屋(2)福岡(2)唐津(7)大村(2)

宮島なめとんか(笑)
平和島はホームだから多いのはわかるとして、心のホーム蒲郡が1番とは誇らしいです。
でも意外と万券取ってた、奇跡だね。

【高配当BEST3】
1位 唐津G3新鋭リーグ(7/30)
12R 優勝戦
5-4-3(齊藤優-古賀繁樹-久田敏之)
¥98400

2位 蒲郡G1東海地区戦(2/6)
5-6-1(笠原亮-石川真二-渡邉英児)
¥73900

3位 多摩川一般戦(2/6)
6-4-2(後藤翔之-後藤道也-宇野博之)
¥66360

2月6日はウハウハ。
それにしても10万舟とれなーい。

【総括】
はい。
一年を振り返ってみて、とりあえず今年はやる気なかった。
つまんないつまんないと言いながらも続けてみましたが、他に特にやりたい趣味もないし、ブログを書くために惰性でやってるだけでした。

こんな気持ちで競艇やっててもしょうがないのかなーと思いますが、どうしたもんですかね。

来年も旅打ちくらいはしたいけど、本場に行ったり携帯で買ったりするのは確実に少なくなるような気がします。

まぁ湿っぽくなりましたが、今年もこんな糞ブログの駄文を読んでくれた皆さん、ありがとうございました。
つまんないだのやってられないだの終わってるだのと、そんな文句ばっかりで、本当にすみませんでした。
2009年は、出来るだけ楽しい気持ちでやっていけたらいいなと思います。

それでは来年も皆さんにとって良い年でありますように。
スポンサーサイト
シリーズ優勝の倉谷、tanasinが最高に格好良かった。
舟券は見事に外れたけど、とても素晴らしく面白いレースだったので、負けても納得した。

それ意外、何も印象に残らなかった。

tanasin、おめでとう。
倉谷、ありがとう。
今日はものすごく久しぶりにスロットとか打ちました。
賞金王があまりにも腐り切っているので、同じ金使うならまだスロットのがマシだなと、夜に歯医者に行った後、行ってきました。(運よく4万2千プラス)

競艇に関しては、あきれてものが言えない。
トライアル2戦目とか3戦目とか賭けてすらいない。
とりあえず愚痴るだけ愚痴る。

本当さ、なんなんだこれ?
これが1億がかかったレースなの?
トライアルだぞ?トライアル。
あの進入はなんなの?
一瞬、『江戸川復活したのか』と思うような進入隊形だったよ。
どんだけゆったりしてんだよ。
あんな進入の仕方しといて外枠のヤツが『勝ちます、勝ちたい』とか言ってるの見ると腹が立ってしゃーない。
どこに勝つ気が見られるんだよ。
アホじゃねぇのか?バカ!
建前だけでモノ言ってんじゃねーぞ、ハゲどもが。
今垣とか嘘つかなきゃ何にも出来ないのか?
空気すぎるだろ、嘘野郎。
とりあえず丸岡とか赤岩は二度と賞金王には出てくるな。
まぁ出れないだろうけどさ(笑)

1号艇になれば勝てるような腐れトライアル。(勝てないバカも約一名いたけど)
もう賞金王の賞金は1万円くらいで十分。
1億の価値なんてどこにもない。
何が水上の格闘技だよ。
今の競艇なんぞ馴れ合いばかりの仲良し倶楽部じゃねぇか。
部活動レベルの戦いに金賭けさせてんじゃねーよ。
もうさ、さっさと井口が逃げて終わってくれ。
感動も興奮も何もねぇぇぇぇぇぇぇぇよ!!!!!!

本当ね、競艇が好きだからこそのブチ切れなんですわ。
明日はせっかくの祝日最終日だから参加するだけは参加すると思うけど、やる気は出ないです。
決定戦は1-2しか思い浮かばないし。

来年からは趣味・オセロとかで行くか。
予想通りとは言え、本当に腐り切ったトライアルでわろた。
舟券買って参加もして当たったけど、どうでもいいよ。
あんなつまんないトライアル見せやがって。
むしろ当たった金いらねぇから返してやるよ。
いや、返さねぇよ。

そもそも本気で勝つ気あんのか、てめぇら(笑)

もう松井に一億円あげてさっさと終わっちまえよ(笑)

だって正直、書くことが何もない。
書きようがない。
強いて言うなら濱野谷の糞ゴミは何あそこから抜かれて3着になってんだよってくらい。

夜は『ギリ生』のナナメさんと飯食いながら愚痴りあってた。
楽しかったし、ごちそうさまでした。
さっそく原田幸哉プロを地獄に落とした良2です、こんばんは。

昨日、『優勝予想は原田幸哉』と書いたばっかりに、デスノートならぬデスブログの威力を発揮してしまったみたいです。
原田プロ、フライングにより賞典除外。
まだ4日あるので、お仕事ガンバ。

さて、シリーズが注目されるのは今日まで。
遂に本番が始まります。

メンツだけ見るとガツガツした感じのレースにはならなさそうですが、それはもう年々そうなっているわけだから慣れるしかないですね。
・・・昔ならトライアルの前日ってだけで夢精してたけどなぁ。
『うっ、うっ、植木ぃぃぃぃ!!!!!』で目が覚めるみたいな。

11R トライアル
①糞坪 ②うそぴょん ③いぐ ④はまのや ⑤アニキ ⑥サカナくん

糞坪スラッシュが炸裂するだろう。
白井のアニキは前夜祭で酔っ払いすぎて悪乗りしてたから切り。

12R トライアル
①王者 ②ゲンコー ③お湯 ④耳 ⑤マル ⑥カラテマンさん

カラテマンさんの屁垂れ進入がまた見れるのかな。
頑張れ、カラテマンさん。

優勝予想は吉川ゲンさん。
糞坪とカラテマンさんも頑張れ。
ドンキとジャスコはどう考えても別物じゃないかと思う良2です、こんばんは。

夕方、平和島近辺を通ってたら競艇帰りと思われるジイさんAが、ジイさんBにドンキホーテについて熱弁を奮ってた。

A『ほんと、ドンキってヤツはすげぇよ!』

B『え?』

A『何でも揃ってるよ、あそこは!』

B『え?』

A『あそこと一緒だな、あそこ。なんだっけ、あれ・・・あ、ジャスコ!あれはジャスコと全く同じだよな、ドンキ!』

B『え?』

A『ただジャスコはあんなにゴチャゴチャしてないけどな!でもジャスコだよ、ドンキは!』

B『あー、ドンキな』

Bはもうちょい頑張れ。
負けすぎて虫の息なのか?

そんなわけで、競艇好きなジイさんたちも胸躍る賞金王決定戦が開幕。
私も10段階で表すと、5くらいは盛り上がってます。(城レベル)

シリーズは、例の如くうんこエンジンばかりなので、特別良さげなのもなさそう。
住之江最強のtanasinはエンジンがビチ糞級らしいですが、ドリ戦では何とか逃げ切り。
つか、今日も相変わらずイン逃げ祭りでしたね。
正しい住之江SG。

しかしながら納得いかんのが、藤丸とか言うのが、6号艇で買っても6千円配当だったこと。
買った客は、丸岡とか藤家と勘違いしてんじゃねぇのか?
どーしようもないな。

あとは気になったのは、1号艇だった平尾選手の華麗な抜きくらいかな。
エンターティナーだから簡単には勝たない平尾選手。
魅せて勝つの真骨頂だね!
いや、本当普通にちゃんと逃げろや☆

自分的に住之江のSGは、1号艇から3号艇を2、3着に付けてりゃ当たると思ってるので、選手も番組も見ずに買っとくか。

優勝予想は、原田幸哉で。
愛知人は天才肌だと思う良2です、こんばんは。

今日は、わざわざ愛知から牛小屋の方に『競艇徒然日記』のつれづれさんが、来てくださるということで、忘年会を催すことにいたしました。

最近、自分を含め競艇熱が冷めていらっしゃる方々ばかりが集まった中に、さらに冷めてしまっている『競艇って何?』なつれづれさんが混ざるとどうなるのか。
楽しみですが、混ぜるな危険。

その夜の楽しみの前に、こそこそと平和島競艇へ。
今年あんまり来てない平和島ですが、意外と本場にきたら勝ってるんですよね。
自分的には嫌い極まりないんですがね。

今日の私のお守りをしてくださるのは、『あくあぶー』のてるきちさんと『やります』のカジさん。
てるきちさんと会うのは、かなり久しぶり。
今日は、苦手な平和島ですが、良いとこ見せてもらいましょうか。

てるきちさんに、指定席をおごってもらって入場。
入ってすぐに、無料ドリンクのマンゴーオレのあたたかいを選んでしまっていきなりの萎え。
死にたい。

最近は、本場でも見しまくる私は、ガツガツとマークカードを書きなぐっているてるきちさんを尻目にマンゴーオレ(ほっと)。

さっそく、てるきちさんの悲鳴が聞こえてきたので、『あー、競艇最高』と冷めかけてきたマンゴーオレを一気に流し込んだ。

そうやって人の不幸で喜んだ報いかどうかわからないが、自分が買ったレースで、イースト東(岡山)が2着走ってたのにスピン。
もう大激怒ですよ。
そもそも先週の福岡にもこいつがいたし、正月には児島にいやがる。
オレの行く先々で待ち受けてやがるイーストをどうにかしてくれませんか?

でもでもモイチのレースでみんな的中。
つってもモイチは3着だったけど。
みんなで的中なんてあんまりないから喜ばしい限りですね。
これで今日の浮きは確定かなと余裕ぶっこきまくりで、ゼロカロリーコーラを氷を噛み砕きながら一気に流し込む。

ここからまた行楽モード。
たこ焼き食べながら携帯見てコーラ飲んで・・・と、まったくやる気なし。
どのレースにも『岡山』の文字があってやる気がでない。

10レースだけ岡山がいないので『今日の勝負レース』とか、のたまってたのに『要がいるし見だな』と、見の嵐。

最終レースでは占部のゴミを全部絡めて買ったけど、一人でハンドルを右に切って飛んでいった。
占部の肛門塞がってしまえ。

レースが終わってから車で平和島にやってきてくれたのが『うぇいきー2』のB1さん。
みんな一緒に今日の会場へ向かった。

牛小屋でマスターと話をしていたら今日のメインゲストのつれづれさん登場。
それから『らりーず』のラリクラさん、『いじょうなし』のマイケルさん、『ぎんがけい』のカッキーさん、『げんりょう』の山さん。
みんなで肉食って騒いで、食べた後に、みんなで若松ナイターを電投で買って、3点勝負したり(B1氏だけコソコソ10点買ってたけどハズレ。天罰w)と楽しい忘年会でした。

最近は、みんなあんまり競艇競艇していないけど、これを機に楽しんで舟やっていきましょう。

みなさん、本当にありがとうございました。
九州に降り立ったのは、実に久しぶりでした。
が、今回は体調悪くて、死ぬ一歩手前くらいになりました。
10段階で言えば5くらいな。

でも、舟券では福岡競艇場にもリベンジさせてもらいましたし、久しぶりに会えた方々も元気そうでしたし、行って良かったかなと。
何げに芦屋でも10万勝ったし。

とりあえず、自分の旅打ちでのスローガンである『家を出た時より、家に着いた時のが財布が厚い』も果たせたので満足です。

次に九州へいつ行けるかわかんないけど、辛子明太子と博多の女は永久に不滅です。
あ、通りもんってのを初めて食べたけどおいしかった。
博多の女を買うことしか考えていない良2です、こんばんは。

博多の女っていってもお土産の話です。
夜の話とかじゃないので誤解のないように。

それにしてもさすが博多。
本場・福岡くらいになると、路上にめんたいこが散らばってるもんな。
グアムの海岸のナマコみたいなもんだよな。

って思ってけど、よく見たら犬のウンコでした。
博多犬め。

昨日は、ふぐ退治に失敗した私ですが、今日が本当の私の闘い。

福岡競艇場。
ここでも何度も書いているが、私が19、20の頃に初めてやってきて、わけもわからずものの3時間程で23万負けを喫した競艇場。

『いつかリベンジしに来るからな!』と、福岡競艇場をあとにし、吐き捨てた日からもう幾年月経っただろうか。

あの時以来の福岡本場参戦。
長いこと待たせたな、ペラ坊。
って、あの頃はペラ坊いなかったな。

今日は、どうやらG3なんぞをやっている模様。
メンツを見ると、川崎さんや湯川、新美プロや佐藤大などの銘柄級も参戦していて程々に好メンバー。
とにかく今日はあの日の借りを返す。

しかしながら相変わらずのうねり村。
着いて早々に転覆事故が発生。
舟券は買ってなかったので、被害はないのだが、いきなりのウネリズムに不安を感じる。

そしてその不安はすぐに大激怒にかわった。

初っ端から当たっていた舟券が紙クズに。
3着を走っていた埼玉のゴミ永が何もないとこで自爆の転覆。
いきなりケチがついて憤怒。
やっぱり福岡競艇場とは縁がないのかなと。

そんな思いで次のレースを買ったら大阪のバカがゴミ永と同じ場所で転覆。
これで3レース連続で転覆事故発生。
いい加減にしろよ、こら。

当たる当たらないじゃなくて、まともにレースすらしてくれないので、一切やる気をなくした。

そうこうしていたら今度は2艇フライング。
もうお祭り状態だな。
賭ける気がしません。

挙げ句、イーグル川崎出場の5艇立てレースまで始まって言葉もでない。
『・・・なんもいえねぇ』

でも当たった。


レースというレースも見れないまま11レース。

11R
①山口浩司 ②村田孝雄 ③佐藤大介 ④川村正輝 ⑤三品隆浩 ⑥川上清人

インがスタート遅い山口だし、壁が村田なら③佐藤が攻めれる。
そこを④川村が捲り差しドキューン予想。
でも、川村は昨日のレースでフライングをしていて、スタートは慎重にならざるおえない。

でも4ー3しか来て欲しくもないのでこれで。

だが、3着をどうしようか悩む。
⑤パン屋はイマイチくさいからいらねぇかなと考えていたが、メンツだけを見れば十分買える。

『三品は東京ベイパイレーツではないが、東京ベーカリーズの意地を見せてくれるかな』と、パンの意地を期待して、切り候補から一気に本線に昇格。

4-3-流

[結果]
思い描いた通りの展開がスリットから1Mに描かれて博多の指定席で失禁。
『これしかない!!!俺が東京からきた三品ファンや!!!』と叫び倒し、博多の眼の肥えたお客さんを圧倒。

三品が最後まで粘り倒し、4-3-5で決着。

20081214105413


配当は193倍で19万払い戻し。
福岡競艇リベンジ完了。

気分良く終わりたいので、12レースは見学。
加瀬とか買えないので、ナイス回避俺。

終わってからこちらにいらっしゃってた『ラリーズクラブ』のラリクラさんと会ってモツ屋に行った。
店の前まできて、『旅行にきてても荷物とかないんですね』って俺が言うと、『ヒャァ!?』と博多の真ん中で奇声をあげ『荷物忘れた』と、めんどくさいこと言い始めるラリクラさん。

頑張って福岡競艇場に取りに行ってました。
結局ふぐは食べなかった良2です、こんばんは。

まぁ生きてる内に食べれればいいんじゃないかな。

そんなわけで、山口県下関。
昨日、到着した時から『おいおい、山口超寒い!首都なんか目じゃない寒さですよ、これは』と愚痴っていたんですが、この日は朝から雪。
『正に俺寒気団』と多少、フテ腐れていたのですが、天候ばかりは仕方がないこと。
駅から無料バスに乗り込んで、いざ下関競艇場へ。

下関競艇場にくるのは3回目。
まだ2連単発売しかなかった頃なので、あまりはっきり覚えてないが、福岡の暴れ太鼓・田頭実さんで大儲けをしたのだけは覚えてる。

その時以来の参戦。
田頭さんはいないけど、何とか勝てればいいなと。

入場口で、競艇カレンダーの引換券をいただきましたが、荷物になるので断念。
荷物を預けてとっとと指定席(500円)に入りました。

しかしながら500円のくせにすばらしい。
机は広いし、椅子はゆったりでふかふか。
ドリンクはワンドリンク無料。

気になったのは、完璧な分煙が出来ていなかったことですかね。
実際、じじいが吸いながらこっちきてたし。
老害。

今日は『6号艇を中心に買う』と前の日からいきり立っていたのですが、いきなり1ー6ー5で2万近い配当。
三嶌選手の1号艇でこんな配当が出るなんて・・・こんな奇跡、もう二度とないんじゃないかな。
当然のことながら私は取ってませんよ。

2レースの6号艇は森秋光セミプロ。
しかも4号艇にはイーグルのボス小畑実成首領まで。
『ちっ、目障りな』と思いましたが、『これは4=6しかないだろ(笑)』とバカにしていたら本当に6-4できて、3連単2万舟とかでした。
岡山のファンなら余裕でゲットですよね。
当然のことながら私は取っていませんよ、ええ。

そのあと、すっかりやる気をなくして、肉まんとかドリンク飲みながらも石川-石田-北村とかで万舟げっと。

あと、菊地-峰-谷村の19000円配当を超押さえのゴミ券げっと。

一応、最終まででプラス。
しかし、プラスと呼べる金額じゃない。

自分的に旅打ちでは、かなりシビアにプラス収支を追求するのですが、最低ホテル代+夜飯代は浮かせたい。

なわけで、最終12レース。
中心で買うことなんてほとんどない選手である2号艇の耳から1号艇のエグソンで3連単、計1万2000円くらい購入。

結果、1ー2ー6でフィニッシュ。
ほんと、耳を引きちぎってやりたいぜ(^^)v

そんなわけで微妙に負け。
旅打ち初戦で負けると気が重いけど、負けた内に入らない金額だと自分に言い聞かせ、傷心のまま新幹線で博多へ向かったのありました。

博多では特に徘徊もせずにホテルでさっさと寝た。
ふぐはまだ一度も食べたことがない良2です、こんばんは。

いきなりですが、今日の夜に下関市にやってきました。
さすがに東京からだと遠いですね。

旅打ちと言えば旅打ちなんですが、旅打ちじゃないと言えば旅打ちじゃないです。
下関で記念やってるみたいですが、誰がいるかもわかりませんので、明日この眼で確かめてきたいと思います。

それにしても下関駅の周りってコンビニが全くないんですよね。
普通、駅前ってコンビニあるじゃないですか?
下関レベルの駅なら一つくらい作ってもいいんじゃないでしょうか。

それにしても同じ山口なら徳山競艇場に行きたいもんだ。
自分の24場制覇で最後まで残ってるのが徳山。
あと1場になって5年くらい経っちゃったよ。
チャンスがあれば今月行きたいなぁ。

あ、今日泊まってるホテルで現・JLC解説者で、SG覇者でもある山本泰照さん(岡山)とエレベーターで偶然一緒になってビックリしました。

だるそうにエレベーターに乗ってたら横にいた女性が『ドリーム』とか『きくち』とか『1号艇』とか聞き慣れたフレーズを口にしていたので振り向くと、泰照さんと大場ナツキさんでした。

あまりにも突然だったので『泰照さんじゃないですか!』と口走ってしまい、驚かせてしまいました。
お仕事お疲れさまです。
お話できて嬉しかったです。

さて、こんなサプライズもあり、平尾選手も大活躍しているみたいなので、明日は大勝の予感。

さっさと寝てふぐ退治や!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。