上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じじいが順番通り枠なりで走ってどうすんだよ。
そりゃ111って1号艇の勝ちが並ぶわ。

やる気がねぇなら家帰って茶でもすすってろ。
アホくさくて買う気もしませんでしたよ。

もうさっさと隠居しろ。
スポンサーサイト
まずはハッピーバースデー金井秀夫さん。
実に64回目の誕生日。

いくつまで選手をやれるのかわからないけれど、まだまだ元気に頑張ってもらいたいです。
とにかくおめでとうございます。

そんなわけで、今日は金井さんをガン買い。
前半4レースの6号艇では、得意の3着付けで買って見事3着。
前を走っていた尾崎が空気読んだな。

後半12レースの2号艇では、普段はほとんど買うことがない金井さんの頭舟券を購入。
バースデー1着を期待してのことだが、2着と3着も買っちゃった。
結果、2着できたけど点数が増えすぎた為にあんまり儲からず。
まぁでも今日は誕生日だから特別。


それにしても名人戦。
枠なりばっかだな、おい。

去年も思ったんだけど、みんなコース取りに行かないんだよね。

自分としては、西島洋一おじさんを30人くらい投入してほしい気分。
あと小松のおっさんを15人くらいも。

あんまり枠なりイン逃げばっかだと記念と変わらないじゃんね。
進入が変わらないと名人戦の存在理由がなくなってしまいますよ。
今日から始まった四国は鳴門競艇場で行われている第10回名人戦競走。

昔はファンファーレも過去のを使ってたり、発売中は鳥羽一郎が歌う『名人』を流していたりしてたのに、随分普通になってしまった。
あの頃は名人戦の1週間前から断食をして開催を待つくらい楽しみだったけど。

野中や黒明、高山や渡辺などがいなくなって、今では名人と呼べる選手が減ってしまったけれど、名人戦にはベテランにしか出せない味があるのは確か。
今の記念レーサーにはない熱い走りを見せてくれることを期待したい。

今回の選手紹介は、ボールやぬいぐるみもなく、客席には何も投げてなかった。
特産のワカメでも投げればよかったのにな。
客席のおっさんにぬめぬめしたワカメが降り注げば盛り上がっただろうに。

てなわけで、名人戦の売り上げに貢献するべく、全国発売開催の時の私としては珍しく初日からガン買い。

11レース購入して、7レース的中の2レース返還と初日にしては上出来。
9レースの金井さん3着で19700えんの配当はうまかった。
やっぱり名人戦はおもしろかっこいいぜ。


エンジン的には、木下ヒゲ美がすごく良さそう。

そんなわけで、玄人の皆さんには2日目からも良いレースを繰り広げてほしい。

頑張れ、金井さん。
さて、大半の競艇ファンには日陰扱いされている競艇名人戦。
そんな名人戦が明日から鳴門競艇場で始まります。

自分的には48才に引き下げられてからの名人戦は、かなりテンションダウン。
それでもまぁ名人戦は好きですけどね。

それでは出場選手52名をだらだらと紹介。


1 万谷章(岡山)
甦る猿人。
過去の名人戦でも優勝を果たしている生ける伝説。
出場選手最年長でも握るレースで攻めまくるので要注意。


2 金井秀夫(群馬)
ボランティア精神。
秋山直之を拾い、24場に寄付し続ける長老。
いつもなら1号艇で2、3着だが同年代では逃げもあるか。
3着付けで買い続けたい。


3 原田順一(福岡)
ばってん原田。
SG2勝の優勝歴もある博多弁丸出し親父も60すぎて力落ち。それでも名人戦なら力出せるか。


4 古谷猛(岡山)
イーグルの捲り屋。
スタート行っての捲りは脅威。
差しても下手なので、買うなら横がスタート遅い選手の時。


5 石川正美(愛知)
小回り名人。
コースも内寄りに取りに行く。
競り合いに強いので、売れてない時は迷わず買いたい。


6 新開文夫(徳島)
渦潮トリオ。
施行者推薦で出場。
中道・鍛冶が去った今、地元の砦として奮起してもらいたい。
地元だしコースは厳しく取りに行くだろう。


7 関忠志(岡山)
インの鬼。
『僕はイン屋ではない。勝てる位置から行くだけ』が口癖。
それでも端から見ればイン屋なわけで。
深くても遅れない的確なスタート感を持つ。


8 林貢(岡山)
岡山最強ブラザーズ。
兄が艇界を去った後も岡山を支えるイーグル会の重鎮。
外コースからの方が旨味がある。
1号艇時は軽視。
6号艇時は買い。


9 上島久男(愛知)
フライングキング。
言わずと知れたF量産機。
生粋のアウト屋で、チルトも跳ねることも多々ある爺さま。
上島翁マークの艇を狙うのが穴への近道。


10 富田章(福岡)
心優しき戦士。
地味だけど的確な差しがモットー。
道中もミスをしないターンで絡んでくる。
チョビヒゲ。


11 國浦英徳(東京)
江戸川仙人。
荒水面でも任せとけ。
コース取りも厳しく6号艇時に売れてなければ買いたい選手。
元東京支部長。


12 新井敏司(栃木)
Mr.メカニック。
過去名人戦を優勝した経験がある名人。
整備力は折り紙付き。
エンジン割ったら艇界1、2を争う。
レース前に整備してたら要注意。


13 高橋二朗(千葉)
ロマンスグレー。
ちょっと前まではF禍でコンマ99とかも出してた。
しかし近況好調の荒水面巧者。
荒れたら買いましょう。


14 原由樹夫(岡山)
岡山の曲者。
変わり者のひょうきんなおっさん。
バンダナがトレードマークのインファイター。
近況はどこでもエンジン出してるイメージがある。
今が買い時か。


15 池上哲二(広島)
ゆかりの旦那。
外からでも元気良く捲ってた哲二も近年は元気なく。
いまいちなので舟券を買う気にはならず。


16 沖口幸栄(京都)
ゾンビ沖口。
怪我に次ぐ怪我でも復活してきたのがこの男。
捲り捲りのレースが持ち味。
スタート一発には注意。


17 玉生正人(富山)
ガッツ玉生。
元気がはつらつガッツのある走りが信条。
まだまだ元気に走ります。


18 桑原淳一(東京)
江戸川の若大将。
力は落ちたが、外からスタート一発の破壊力は抜群。
差しが下手なので、2コースは消しても良いくらい。


19 水野要(兵庫)
兵庫の要。
過去に名人戦優勝歴もある名人。
ここ1、2年で一気に力落ちした感がある。
売れてたら消すかな。


20 藤井定美(群馬)
赤城おろし。
堅実な走りで2着型だったのだが、近況不振。
エンジン次第だが近況の感じなら買えない。


21 大西英一(東京)
スキューバおじさん。
とにかく変な人。
仕事が趣味のリーマンレーサーも最近はダメダメ。
捌きが巧かったけど、半月板の手術をしてから近況はいまいち。


22 久間繁(愛知)
燃える料理人。
元コックはスタート行って絞り捲りが得意。
差したら下手。
顔が長い。


23 村上信二(岡山)
瀬戸の若鷲。
昔はインをよく取ってたんだけど、今はあんまりコース取らなくなった。
岡山でも相性がかなり悪い方だったけど最近は悪くない。


24 吉田稔(群馬)
上州の玉三郎。
典型的なヒモ選手。
何コースでも頭では買わないし買いたくない。


25 田中伸二(広島)
前回チャンプ。
地味。


26 佐藤勝生(広島)
カツイキ。
ヒモ型の選手。
6号艇の時によく絡むので注意。


27 富山弘幸(大阪)
ヒモ男爵。
とにかくヒモ型。
体重も重いし2着で買いたい選手。


28 小林昌敏(山口)
職人肌。
地味だが的確。
同県の岡本慎治とイメージが被る。


29 山崎毅(熊本)
阿蘇差し。
2コース時は買いたい。


30 片山晃(岡山)
ファイト晃。
元旦の岡山だらけのシリーズで30万超えを取らせてもらった思い出がある。
青い晃に気を付けろ。
岡山支部長。


31 尾崎鉄也(長崎)
お先に鉄也。
体重が重い分、迫力のあるターンが魅力の選手。
名人戦ではろくなことがない選手だが、去年は優勝2着で厄を落としたか。


32 岡孝(徳島)
重量ファイター。
ペラは半年に一度、一枚作るくらいのエコ選手。
重量を補うスタート感が持ち前。


33 中尾英彦(静岡)
2・3着名人。
艇界でも1、2を争う2、3着ゲッター。
頭で買う奴は、にわか。
そう言われても仕方ないくらいに2、3着。


34 新良一規(山口)
絶倫。
子沢山のパパはSG覇者。
昔よりコース取りが甘くなった感があるが、まだまだ実力は上位。


35 瀬尾達也(徳島)
デジタルスターター。
優勝候補筆頭。
地元だしスタートも攻めるだろうしで、どのレースでも売れるだろうね。
瀬尾の横でも買うか。


36 廣光尚治(東京)
TMR専務。
コースも微妙に取って差して差してのレーススタイル。
地味にこそこそ着取り。


37 井川正人(長崎)
リアルスーパーマリオ。
とにかく元気なおっさん。
実力は上位なので、舟券は売れるだろう。


38 木下繁美(福岡)
ヒゲ美。
力落ちが著しい。


39 飯田清(茨城)
北関の穴メーカー。
小神野紀代子の旦那。
自分は相性悪いので嫌い。


40 若女井正(神奈川)
バカメイ。
スピードで攻めるツケマイに気を付けたい。
チルトもよく跳ねるので注意。
基本3着買い。


41 西山昇一(愛知)
バカボン。
地味だけど職人。
頭では買わず2着。


42 松野京吾(山口)
ゴージャス。
コース取りはアグレで優勝候補。
ゴージャス青田も来場するドリームは出来レースか。


43 原義昭(岡山)
裏原系。
岡山で1、2を争う地味さ。
稲垣一恵の旦那。



44 山崎昭生(香川)
香川支部長。
夜の街では帝王だが、昼の場では艇王になれるでしょうか。


45 川名稔(千葉)
ピグモン。
荒れたら買う。


46 沼田嘉弘(兵庫)
Mr.神戸カンパニー。
小鬼のような容姿だがカリスマ。


47 濱田和弘(福岡)
元福岡支部長。
昔から好きじゃない。
買うことがない。


48 山口博司(長崎)
軍艦島。
ねちっこくてやらしい走りをする。
汚いが熱いおっさん。


49 木下頼房(三重)
怪力よりさふ。
趣味が身体を鍛えることなので、体重が増加する一方。
スロットルレバーを破壊した武勇伝を持つキン肉マン。


50 古場輝義(富山)
悪大官。
子供の為に富山に移住したが、心はいつでも大阪支部。
コースを取って走り回る。
基本3着だけど、名人戦なら実力上位なので、そうはいかないか。


51 森脇徹(山口)
働いたら負け。
好きじゃない。


52 山田省二(愛知)
山田商事社長。
穴出しそうだから買いたい。


優勝予想。
古場か新良にしとく。
穴なら原ゆきお。
指定席を前売りで購入していたので、『廃墟らんど』のB1氏と『やります』のカジ氏と朝から平和島競艇場へ。

先着で貰えるスクラッチカードで現金と指定席割引券が当たった。

『よし、今日はもう浮いた』と帰ろうとしたが、そうはいかず断念。

舟券は青ササで万舟を取ったくらいで、いまいち。
普段ならイベントとか見に行かないんですが、気分転換と競艇モノマネをやると言う噂を聞いたのでわざわざイベント広場に。
原田幸哉プロやマルキンなどのモノマネを得意としている自分としては、負けられない気持ち。

イベントんとこで『ラリーズ』のラリクラさんと会って一緒に見た。
しかし、若手芸人のクオリティの低いモノマネに怒り心頭。
『俺にやらせろ』と飛び入り参加したかったけど我慢。

優勝戦は適当にバラバラ買ったけどハズレ。

夜にみんなで麻雀打って飯食って帰った。
おわり。
ヤッターマンの実況が耳障りなので、ほとんど見てない平和島でもG1やってましたよ。
予選終わったみたいですが。

で、長野の山猿が得点トップですか、そうですか。
乙津さん直伝のパワーストーンがまた効力を発揮しだしたのかな。
優勝戦はインよりは4カドから行ってもらいたいので、準優は2げっとで。

あとはサカナくんやら大ちゃんが1号艇だったような。
機力は良いんだろうけどどっちも胡散臭いな。
飛べばいいのに。

正味の話、誰が優勝に乗ってもいい。
確か準優に愛しのササもいたけど最近は『0台は行かない。わかるけど行かない』ばっかり言ってるからウザい。
スタート行かなきゃただのヘタクソじゃねーか。

そんなこんなでみんな頑張れ。
俺も明日から頑張る。
常滑のG1魔ー冥土グランプリも気付けば終戦。

優勝戦だけは買おうかと思ってたんですが、1号艇がバター犬だったので即ヤメしました。

それにしても今回もすごい進入からの逃げですね。
懐を取り、尚且つ斜めに走って助走距離を稼ぐ航法。

20090410223637


常滑で舟券買ってるおっさんが乗っても逃げれるくらいに磐石な走り方。
さすが艇界のトップをひた走る吉川プロだね。


昔から思っているんですが、こういう世界で強くなるには汚い心の持ち主じゃなければならないと思うわけです。
優しい、心がきれいな人は、選手としてむいてないのかもしれません。
だから自分的には勝率=優しさなんじゃないかと。
新鶴田さんや江野澤さんは優しすぎるんじゃないのかな。(※矢橋さんは太りすぎで弱いだけ)

自分の考えとしては、客の金がかかっているギャンブルの世界なのだから汚かろうがなんだろうが勝ってくれれば良い。
スポーツなら見苦しいことでもギャンブルだからこそ許される領域はあると思うわけで。


でも相手によって尻尾を振ったり牙を剥いたりするようなバター犬野郎は嫌いですがね。
前々から決まってたようですが、遂に本日、正式に発表。


やっとか・・・本当、長かったな。
これをどれだけ待ってたことか。
つか、規制するの遅すぎ。

常々、BS側で行うあの右転舵には腹立たしく思っていた。
だってありゃおかしいよ。


最初に糞転舵をやり始めたあのバカたちのせいで、あれをやるのが普通みたいな風潮になっていたのがムカついて仕方なかった。
逆にあんな進入して1コースから逃げれん方がおかしいわ。

これで少なくとも今よりは気分良く賭けれる。


【待機行動細則の一部改正】
1.待機行動のBS側の航法において、低速航法しようとするボートは速やかに内線へ寄せること及び内線と平行に航走することを規定化し、時間稼ぎ的航法を規制する。

2.低速航走時における右転舵を時間稼ぎ航法とて、待機行動違反とする。 ただし、内線に寄せた時及び外側のボートが助走距離を取るための右転舵は除く。


これで右にハンドルを切って時間稼ぎ出来なくなったわけだ。
あの見苦しい待機を見なくて済むと思うと今から勃起してくる。
くふぅ(^р^)


3.原則として、150m見透し線上に先に達したボートからコースの優先権が得られるものとする。


この後割り込みも結構やってるバカがいるからこれは嬉しい。


4.スタ展航走に出られなかったボートが、本番レースで最アウトコースから進入しない場合は違反としていたが、この項目は削除する。


これはほとんどないことだからあんま気にするな。


この改正ルールは、5月1日以降の日を初日とする開催から実施とのことなので、GW開催からは今よりは気持ち良く競艇が出来ることでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。