上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の日に一睡もしていないのに6時に目が覚めた。
寝起きは非常に寒かった。
毎日こんなに暑いのに津の朝は寒いらしい。
取り敢えず寝起き一発目でKさんの次男坊にサッカーの相手をさせられる。
子供は朝から元気だね。
その後、Kさんも起きて来てボケーっと朝飯を食う。
Kさんが『伊勢に行こう』

と言うので伊勢に行く事に。
車で約1時間かけて伊勢に到着。
駐車場に車を停めて伊勢神宮の近くに有るおかげ横丁と言う所へ行く。

伊勢と言えば赤福と言う餅をあんこで包んだ食べ物が有名なのだが、それを使った赤福氷(400円)と言う物が有るのでそれを食す。
基本的には抹茶氷なのだが、その中にあんこと餅が入っているかき氷と言う感じ。
あまり抹茶味の物が好きではない私だがこれは普通に美味いと思った。
その気に成ればもう一杯食べようかと思うくらいおいしかったです。
赤福氷を食べて身体を冷たくしたので、また奥の方に進んで行く一行。
次も三重の名物で有る伊勢うどん手こねずしを食べに店に入る。

伊勢うどんは前々から知っていたのですが、すこぶる評判が悪い。
麺が柔らか過ぎるだの不味いだの…とにかく自分で食ってみたいとは常々思っていた。
手こねずしは桃鉄で見た事有る程度。
前の晩にKさんの旦那さんに
『まぐろのヅケを酢飯に乗せた物だ』
と聞いていたので有る程度どんな物かは把握していた。
因みに旦那さんに
『あぁ、まぐろ丼みたいなもんですね』
と言ったら
『違う』
と即答された。


話は戻って店に入った私達一行は、メニューを見て何を食おうか決める。
取り敢えず、私的に両方食べたい気持ち満々だったので、あまり食えそうにもなかったが、手こねずし(900円)と伊勢うどん(400円)の両方を頼んだ。
程なく料理が運ばれ手こねずしと伊勢うどんが私の前にその姿を現した。
手こねずしを見て
『ま、まぐろ丼だ』
と思ったが、何も言わず食す。
これまた普通に美味い。
まぐろのヅケが良い味を出している。
そして続いて問題の伊勢うどん。
見た感じ伸び切ったうどん。

熱そうだが、醤油に絡ませて食す。
普通に美味い。
聞いていた程悪くなかった。
でも讃岐うどんとは真逆でコシと言う物は全く存在しないなぁとは思った。
その後、量が多いながらも2つとも完食し満腹。
代金を支払い店を後にする。
Kさんが川に行こうと言うので、食った後で相当腹が気持ち悪かったが、おかげ横丁を越えて奥へ奥へと進んで行く。
妊婦の様に腹を痛めながらも川岸に到着。
鯉がウジャウジャ居たのでそれを凝視しながら休憩を取る。

鯉に向かって『あいつ、ジェンキンスさん』とか名前を付けて一通り遊んだので、またおかげ横丁を通り駐車場へ。
帰りも1時間かけて家へと帰りました。
しんどかったけど楽しかったですし、美味しい物も食べれたので満足出来た一日でした。

…てか、おまえ競艇してないじゃないか!と言う様な事は言わないでください。
明日こそ旅打ちと言う事なので、久々に津競艇に参戦!…するかも。
だって新鋭リーグなんだものさ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/20-6b164ea5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。