上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッテリアのてりやきを食い上げた良2です、こんばんは。

ちょっと聞いてよ。
ロッテがプレーオフで勝ったとか何とかでロッテリアのてりやきバーガーが半額の110円になってたんだよ。
普通に5個買ってやったよ。
でも今日で半額セールも終了らしい。
遅い情報だったな。

明日からはえびを揚げてカツ状にした、えびバーガーが半額になるんだってさ。
近くにロッテリアがある人は食らっとけ。

平和島で走っとる熱狂的ロッテファンの三角もロッテリア食いたいかな。
最終日にえびバーガー10個くらい差し入れに行ったらどんな顔するだろうか。
競艇選手だけに『かつ』みたいな感じで喜ばれるか。
でも終わった後じゃ意味ないか。
んでもって、私のこの文章も意味ないか。


正直なところ、競艇熱も楽天の勝率くらい冷え切ってたので、そろそろブログも潮時だと本気で思ってたんですが。

しかしながら、昨日の田頭を見て『競艇もまだ捨てたもんじゃないな』とか思ったり。
あぁいう選手こそ金を賭けるに値する漢ですよね。


こっちゃが金賭けてるのに糞スタート、糞ターン、糞妨害、糞転覆されたらたまったもんじゃないんすよ。
確かに一生懸命走ってての転覆とかもあるんでしょうが、それでも最後まで走ってもらいたいし、何より転覆してない他のレーサーや客にもつまらん思いをさせてしまうでな。


西島義則もそう。
進入で内側に入ってきて荒らす。
それでも自分は1着に来る。

『どんなに深くなっても良い。スタートはいける自信が有る』

こう言う風に言える選手が今の記念に居るだろうか。
逆にそういうのが嫌とか言うファンも結構居たけどな。

でもああいう勝ち方が出来る選手が他に居るかよ。
馴れ合ってない所が素晴らしいよ、本気マジ。


こういう選手こそ金を賭けるに値する漢。


市川哲也もそう。
多摩川でMB記念をパーフェクト優勝した頃。
正にこの頃の市川は『強い』と言う言葉が当てはまってた。
そしてMB記念の次の常滑ダービー。
ダービーでも絶好調だった市川は予選を暫定トップで準優へは無事故完走当確だった。
そんな予選最終日で1号艇が市川に巡って来た。

スリットは早かった。
+02のフライング。

皆、勿体ないと思っただろう。

でも市川は『早いと思った。でも自分を買ってるお客さんを考えたら放る事が出来なかった。放ったら負けていた』


これが予選勝負がけの選手ならまだわかる。
でも予選トップの人間ならここで放って6着でも余裕で準優に乗れるわけだ。
でも市川は放らなかった。

結果的に市川はこのフライング後から急激に調子を落とした。
その頃から現在までに賞金王シリーズやら何やらは勝ってはいるが、あの頃の市川に比べれば今の市川は物足りない。


それでも私はあの時の市川のフライングは忘れる事が出来ない。

この時から市川は買うに値する漢と思った。


買うに値する漢。
金を賭けるのに値する選手。

そういう選手がもっともっと出てきて欲しいと切に思う。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2005.10/22(土) ペリカンさん[ラリーズクラブ]
2005.10/22(土) 漢っつったら初芝[うま]
2005.10/22(土) ↑[かちっこ]
2005.10/22(土) [ミラ]
2005.10/23(日) [良2@管理人]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/336-6cb163fa
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。