上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものすごい勢いで咳が出る良2です、こんばんは。

また風邪ひいたのかもしれない。
ワンシーズンに5回は風邪をひくのがわしクオリティ。
ゴホゴホ。

長きにわたって行われてきた全国の地区戦も今日で最後。
誰が関東の王者になるのでしょうか。

というわけで、最終日の平和島に参戦。
昼すぎには平和島競艇場に到着。
場内は既に臨戦態勢、戦闘モードに入ったおっさんやおっさんで溢れ返っていた。

イベント広場では、優出インタをやっているようなので、冷やかしに行く。
も、特に興味がないので、すぐに予想に没頭する。
すると1号艇には競艇選手の鏡でもある石渡鉄兵選手がいる。

『こ、これは!?』

と週刊少年誌のやられキャラのような臨場感溢れるセリフを吐かずにはいられない1号艇が登場。
のっけから手強い番組にブチ当たってしまった。
これならもう少し遅くくれば良かったと軽く後悔。
なら舟券を買わずに見すれば良いだけの話じゃないかと思われるだろうが、それはノンノンノン、シャラップ!!!引っ込んでろってな話ですよ。
何故ならこの私、現着レース(現地到着すぐのレース)の勝率が、なんと7割強はあるのですからっ!!(当社比)
しかも、平和島なら着いてすぐ当たって『よぉぉし!なんか今日はやっちゃう気がするぞぉ!』と意気込んで、その後全く当たらずお帰りなんてパターンなんてことだってよくあるわけですから。
だからここで見してストレートでやられるのだけは避けなければならないわけですよ。

さて、そういうわけで予想。
①ゴミ渡選手は、前日に98なんていう同じ千葉の橋谷田香織でさえ驚くようなスタートタイミングを叩きだしてくれたわけですが。
スタートが糞遅い橋谷田が『え?やだ、これアタシへのアピール?告白?え、やだぁ』と勘違いさせてしまうくらいのタイミングですよ、98ってのは。

そういえば2年程前にも同じ千葉の高橋二朗がコンマ99の逆タッチを決めてたわけだが、橋谷田にアピールしまくりですか、おめえら。
何やってんだ、千葉県。
何やってんだ、落花生。

そんな千葉の英雄・石渡選手に煮え湯を飲まされた準優だが、今日はやる、やってくれる!と少なからず思っていた。
選手の心理なら、98の挽回をするなら今日しかない、今日はスタートだけは行く!となる筈。
B級の選手ならまだしもSGにも出るような石渡選手なら神スタートを決める筈だと。

実際、私は前半戦で糞レースをかました選手を、わざと後半で狙うってのをよくやるんですよ。
客の心理だと『前半で糞レースしやがって!あいつはいらねぇ!』ってなると思うんですよ。
舟券買ってる人ならそういう気持ちになったことが一度はあると思います。
だが、あえてそいつを後半で狙う。
プッシュ、鬼プッシュですよ。
前半の糞レースのこともあるから意外と配当が付いてたりするんですよね。

しかし後半も糞レースをかまされる可能性もあると言う諸刃の剣。
初心者にはおすすめ出来ない。

そんなこんなで、今日は石渡選手を狙う気があったので、5レースは石渡絡みで舟券を買う。
が、インから18の5番手スタート。
『な ん だ こ い つ は ! ?』と、自慢の舟券理論が通じない相手との出会いに乾杯☆

でもゴミ渡選手、ヘタクソな前田なんたらが自滅してくれたお陰で何とか2着にきたから舟券は当たったけど釈然としない。
やっぱりこいつは屁垂れだ。

6レース発売中、『ラリーズクラブ』のラリクラさんと遭遇。
久々の対面でした。
6レースを一緒に見て、(舟券は大澤のせいでハズレ)次は『競艇戦線異状なし』のマイケルさんと初対面。
場内は人が多かったので、なかなか会うのが大変でしたが、やっとこさ会えました。

その後は、舟券のやる気もあんまりなかったので、ちょろちょろだけ買って、ラリクラさんと一緒にザブングルのお笑いライブを見たり、牛丼食ったりしてた。

一応、今日の勝負レースだった10レースの毒島-西田-石渡を的中させたとこで、『AQUA BOO』のてるきちさんと『競艇すぱげってぃ』のカジさんと合流。
11レースもみんな華麗にハズして優勝戦。


12R 優勝戦
①平石和男 ②阿波勝哉 ③作間章 ④飯島昌弘 ⑤濱野谷憲吾 ⑥滝沢芳行

②阿波がいるだけに難解。
誰かが②阿波を止めてくれるだろうが、誰が止めるかで舟券も大いに変わってくる。
そもそも私は②阿波の出るレースは苦手。
買えば来ない、買わなきゃ来るのが②阿波。

そして、何よりもキツいのが、私が全競艇選手の中で1、2を争うくらいに嫌いな③マーサク選手がいる。

準優10レースでは、マーサク選手を外して買えばマーサクが1着。
準優11レースで師匠のゴミ渡選手を中心に買えばコンマ98。
多分、今私が世の中で1番嫌いな師弟関係だと思います。

そして、正直⑤はまのやだって相性悪いし④とっつぁん坊やだって良くない。
こんな私的に難解なレースは華麗にスルーすれば良いだけの話なんだが、せっかくの優勝戦。
買わなきゃダメでしょうよ。

①平石さんが舟券対象からハズレることはなさそうなので、箱で買う。
②阿波と⑥タッキーがいないものとして考えれば4艇立て。

134箱
135箱

あとは①平石さんの2、3着残りを強めに買いたかったので、買い目的には上の箱と被る

34-1=345

お遊びで②阿波からも

2-1-345

【結果】
進入は②阿波が出ただけの134/562。
全艇コンマ0台の平和島名物ぁゃしぃスリット。
②阿波が6コースから伸ばすも④飯島がイージスの盾で早々と内2艇。
⑥タッキーとかがちょろちょろしてたが、④飯島に余裕で捌かれ本命決着。

箱の分で当たったんだが、平石が頭だからガミ。
うーん、なんだかなぁ。
買い方からして下手糞だよな。

そもそもマーサクを推して舟券買ってる時点でおかしいよな。

1ー3 3番人気
680円
1ー3ー4 5番人気
2340円
【○糞ガミ】

払い戻すのもみっともない舟券を払い戻して、無料バス乗り場の長蛇の列に並ぶ。
並んでいるおっさんやじいちゃんやおっさんが、みんなしてあーだこーだ言っている。

私たちも並びながらあーだこーだ言ってたら、前にいた紫色の服を着たじいちゃんが『そーだよ、そーなんだよ』と普通に話に入ってきた。
この話の割り込み方、どこかで覚えがあるな。

じいちゃんの話によると、飯島が抜群だったらしい。
とにかく飯島が好きなようで『あいつは腕があるから』『あいつだから飛ばしにいっても3着だった』と大絶賛。
SGタイトルホルダーが3人もいたとは思えないくらいに『飯島が』とつぶやいていた。

『じゃあ阿波がいなけりゃ飯島の優勝だったかもしれないですね』と私が言うと

『あるかもな!』

と、正に明日も開催があるかのような力強い一言を吐き捨て、どこかへ言ってしまった。
多分、明日も行くよな・・・アレと話ながら平和島を後にした。

今日も反省会はいつものホルモン屋さん。
到着すると、以前、競艇あれこれを見て牛小屋に来店したと言っていたカッキーさんとそのお友達が来店されていた。
結局、計7人で牛小屋スペシャルを堪能し、談笑した。
今日が初小屋だったマイケルさんは、マスターからの熱い洗礼をうけていました。
初心者乙。

その後、マスターに2次会と称して牛小屋の3階のジャズバーへ連れて行ってもらった。
初めてだったので、良い経験をさせてもらいました。
ありがとうございました。

そして、ご一緒してくださったみなさんもありがとうございました。
また一緒に競艇やったりましょう。

ザブングル
20080218192152
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2008.02/18(月) [てるきち]
2008.02/19(火) チルトサンド400円[ラリーズクラブ]
2008.02/19(火) [もなみ]
2008.02/19(火) [カッキー]
2008.02/20(水) [良2@管理人]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/618-b77b26a0
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。