上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺の名は矢橋成介35歳、三重の至宝と呼ばれる男だ。
職業は、何を隠そうみんなが憧れる競艇選手だ。
しかも只の競艇選手ではない。
艇界のヘビー級チャンピオンなのだ。

何故かって?
競艇選手ってのは大体皆、50~55キロが普通なんだ。
57、58キロあればもう立派な重量級と呼ばれる。
その世界で俺は現在、66キロと言う体重を誇っている。
最早、他の追随を許さない状況だ。

この1年間、寂しい思いをさせただろう。
来る日も来る日も祈り続けた夜もあっただろう。
目を閉じれば浮かんでくる・・・三重の至宝を待ち望むファンの姿。
泣ける、月9より泣ける。
そして今、正に帰ってきた。

そう、この俺、チャンプこと矢橋成介がな!

久しいな、諸君。
もういつ以来かを考えるのも面倒なくらいカレンダーをめくり続けた日々だったな。
多分、2006年のこの日以来。
正直、2007年の登場など皆無。

しかし、この2月22日。
そう、正にネコの日に復活。
ネコちゃん大好き。

きた、さっそくきた。
ネコ好きアピール。
動物愛護協会から表彰モノ。
正にキャ党忍伝てやんでぃ。

世間では『矢橋さん、引退したの?』『焼肉屋に鞍替えしたの?』などと言うデマが横行していたようだが、心配するな。
俺、矢橋成介はここにいる。

確かに、去年は『艇王引退!』などと言うニュースが艇界を賑わせただけに、俺、矢橋成介が引退したと思ったファンが多数、三重に詰め掛けたこともあった。

だが安心しろ、みんな。
俺は辞めさせられるまでは競艇を辞めたりしない。
絶対にな!!
食べることも決してやめない。
絶対にな!!


きた、セイスケ宣言。
正にポツダム宣言ばりに歴史に名を残す気配満載。
好きな横文字はラード。


そんな2008年の俺、矢橋成介は少し焦りを感じている。
今までは、正に競艇界のヘビー級チャンプの名を欲しいがままにしてきた俺、矢橋成介。
しかし、ここに来てその牙城を崩さんとする選手が現われた。

その名も寺島和典(埼玉)。
現在、66kg。
前々からマークしていた選手の1人だったが、何をトチ狂ったのかここまで育っていやがった。

俺、矢橋成介と同期で寺島と同じ埼玉の江並浩一さん(62kg)から『寺島危険』と言うメールをもらって気付いたんだが、それがなければ危うく見過ごすとこだったぜ。
この時ばかりは義兄弟の存在をありがたく思ったぜ。

それにしても寺島、何をどうやればここまで増量するんだ?
こいつは自分が競艇選手だという自覚があるのか?
俺が埼玉支部長だったら叱り付けてやるところだぞ。
埼玉支部長・・・確か山崎義明さんだったな。
優しさだけじゃ支部を束ねることは出来ない。

その点、三重支部長であり、三重の至宝でもある俺、矢橋成介はアメとムチを使い分ける天才。
井口を叱りつけては澤を甘やかす、井口を怒鳴りつけては澤におごってやる。
トップに立つ人間はこれくらいちゃんとアメとムチを使い分けないと誰もついてこない。

出た、トップに立つ者の威厳ある言葉。
正に『支部長の品格』という本でも出せばベストセラー作家になること間違いなし。
しかし俺は競艇一筋。
二足のわらじを履くわけにはいかない。
・・・狂おしい、この知性とカリスマが。

まぁ俺が三重支部長で命拾いしたな、寺島。
だがな、寺島。
三重支部になる時は覚悟しろよ!


そんな他支部の人間にすら競艇選手としての心構えを説く俺、矢橋成介は現在、児島のG3に出走中。

以前、児島でヘビー級王座決定戦が行われ、何かの手違いで呼ばれなかった時は、『もう走ってやんないぞ』と怒り心頭になった俺、矢橋成介。
しかし、後に児島から『呼ぶまでもなかった』と言う詫びの言葉があったので、今は関係を修復。
さすがに客を呼べる俺、矢橋成介との関係だけは、こじれさせたくなかったようだ。
勿論だろう、当然だろう。

何というかG3に斡旋する辺りにその媚び度がわかるものよ。
Gとは正に『重力』のこと。
G1などは軽すぎて走ってられない。
その点、俺、矢橋成介はG1など呼ばれない。
呼ばれるならG3。
施行者もその辺り、よくわかっている。


そう例えば公園にあるシーソー。
あのシーソーで今、俺、矢橋成介と張り合えるのは寺島和典くらいだ。
それくらいG3は権威がある。
正にヘビー級たちの憧れと言っても過言ではない。

そんな俺はここまで435の成績。
さすがG3。
一筋縄ではいかない連中ばかりだ。


2R
①藤家妙子 ②金澤一洋 ③柳澤千春 ④矢橋成介 ⑤里岡右貴 ⑥西茂登子

展示タイムは6.80とダントツのタイムを叩き出した俺、矢橋成介。
さすが艇界のヘビー級チャンプと呼ばれるだけあって、人より早いタイムなわけがない。

そんなことよりこのレース、女子が混ざっているな。
どう考えても俺、矢橋成介のファン。

くふぅぅ、これはマズイ。
俺、矢橋成介は半分は優しさ、半分は肉で出来ているという漢。
そう、正にバファリンも真っ青なナイスガイ。
俺のファンで女子となれば尚更、本気を出せないな。

差し
2ー3 7番人気
1360円
2ー3ー1 19番人気
4920円


9R
①荒井輝年 ②赤坂等 ③岡瀬正人 ④熊谷直樹 ⑤矢橋成介 ⑥小林基樹

金澤は空気読めよ。

さて後半戦、またもや展示タイムは6.80を叩き出した俺、矢橋成介。
当然、6番手のタイムだ。

それにしても前半戦で4号艇、後半戦で5号艇ってどれだけこの矢橋成介を怖れているんだ?
確かに俺、矢橋成介が内枠を取った瞬間に勝負は決まったようなもんだが、これ程あからさまにやられるとな。

こういうイバラの道を避けて通れないのがチャンプの宿命。
そりゃ当地勝率3.79という破格の数字になるってもんよ。

4号艇には熊谷?とかいうSG2冠?の奴がいるみたいだが、5号艇の俺、矢橋成介のチャンプマーク差しにせいぜい怯えるがいい。
差された瞬間の断末魔が今にも聞こえてきそうだな。

まくり
4ー6 8番人気
3780円
4ー6ー1 18番人気
7660円


今日も児島、いや全国の矢橋成介ファンに存在をアピール出来たようだな。
三重の至宝としてこれからも輝き続けることをここに約束しよう。
明日は児島にあの及川奈央ちゃんも俺、矢橋成介の応援に駆け付けてくれるようだ。
奈央ちゃんに、俺のスロットルレバーを熱く握り締めてもらう為に、明日だけはチャンプのチャンプによるチャンプレースを披露することをここに誓う。


俺の名は矢橋成介。
これからも競艇界を牽引するヘビー級でありたい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2008.02/23(土) このネタ[競艇の申し子]
2008.02/23(土) [ゴーリン!]
2008.02/23(土) [もなみ]
2008.02/23(土) 66.2kg[ラリーズクラブ]
2008.02/24(日) [タートルヘッド]
2008.02/24(日) [良2@管理人]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/621-d23859a5
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。