上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさかたぶりに兄から電話があった良2です、こんばんは。

『あ、ど、どうも、お久しぶりです』

って言ったら

『あぁん!?』

って言われました。

これ以上、へり下った言い方は無理です。
未だに兄さま相手だと、ビビッて敬語を使用してしまいます。

『おまえとは性格違いすぎるんだよ、ヒャハァ』とか『まぁ一応、兄弟だからな!一応って言っちゃアレか!ギャハァ』とか言われました。

どう考えても北斗の拳の時代からやってきたんだと思います。
色々と強すぎる。
本当に狂おしい程にリアルサウザー。

そんな死のコールがあった数時間前。
若松の優勝戦で、Mr.チルト3度こと阿波勝哉を発見したので買うことに。


12R 優勝戦
①星野太郎 ②阿波勝哉 ③重成一人 ④角谷健吾 ⑤斎藤優 ⑥國崎良春

正直ですね、私、②アワカツとは相性が悪いんですよね。

・頭で買うと来ない
・頭で買うと2、3着
・頭で買って来るも2、3着がハズレ
・頭で買って頭を走ってたのに抜かれて2着
・舟券から外すと頭で来る
・舟券から外すと微妙に3着に残る
・微妙に2着に来ると予想して見事2着に来て万舟なのに締切に蹴られる
・F2でも頭で買ったのに目の前でF3をかまされる
・1111ときて『よぉーし、阿波!』と頭から買ったら着外
・6コースだから阿波かと思って買ったら阿波連

と、本当に散々な目に合ってる私。
阿波自体は嫌いじゃないんだが、阿波の出るレースは買いにくい。
まぁ阿波のレース買わなきゃいいんじゃね?と思うんだが、『今日こそやったるで』と違う意味でやる気になるんですよね。
阿波をどげんかせんといかん、みたいな。

そんなわけで、無駄にやる気出して予想。

若松は、アワカツの得意水面だし、直内が⑥國崎のおとぼけ君なので、これは楽に捲れるだろうと。
そうなると2、3着選びが大事。
アワカツ舟券の五割はこの『2、3着ハズシ』でハズレている。
実際、阿波の頭を買うなら全部流さなきゃダメだって言う人は結構いると思うんですよ。
でも今やアワカツの配当は安いので、そんなことは出来ないし、私的に全流しはやらないことにしている。(やったのは過去1度だけ。賞金王トライアルでの5号艇・川崎-流-流。つか、とんでもない舟券だな、おい。汚点以外の何物でもない)

いや、それで当てても何か釈然としないと思うんだ。

だから選ぶ。
チョイスする。
2、3着を吟味し抜く。

その結果、5号艇の斎藤優を指名。
何といっても93期のやまとチャンプ。

そもそも③ジュニアだのなんだの言われてる奴はちゃらちゃらしてるし、平和島の優勝で頭走ってるのにキャビって9万舟出すし進入の仕方もヤオ臭いから微妙。
①☆野王子さまは『三重のガクト』とか言ってたけどいつも顔の角度がおかしい。
ベイパのお笑い担当④角谷は江頭にしか見えない。
⑥國崎(笑)

正直、⑤斎藤も若いってだけで買ったようなもんだ。
内心、あんま好きじゃないよ。

2-5=134

[結果]
あるいみ枠なり。
6コースから②アワカツが0台ブチ込み糞捲り炸裂。
『よし、やった。次、⑤斎藤』と⑤斎藤が捲られながらも1Mを捲られ捲りで続く。

一瞬、2-5かと思ったが、直線で①☆野が伸ばして2-1-5。
それでも当たりと思っていたが、道中の⑤斎藤走りを見てて『これはダメかもしれんね』と思わされた。
何といっても差しを多用しすぎ。
闇夜では、差し差し行くよりブン回し。
見にくいんだから当たり前。

結局、③ジュニアくんに良いように交わされ脱落。
激怒と言うより脱力ですよ。
すだちを搾って眼球に直接かけてやりたい。

もうなんかさ、ヘタとか言う以前に走りに若さがない。
徳島に帰って市橋に競艇の何たるかを全て叩きこんでもらえや。


また阿波のレースを外した。
いつになったら阿波絡みの舟券が取れるんだろうか。
いや、取れる日が来るのだろうか。
もう買わない方が良いと思いつつも次こそは!と心に誓う良2であった。

まくり
2ー1 1番人気
480円
2ー1ー3 1番人気
1150円
【×アワワワ】
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2008.03/12(水) 阿波勝[やすけん]
2008.03/12(水) [東海艇王]
2008.03/12(水) [マイケル]
2008.03/13(木) [ゴーリン!]
2008.03/13(木) [良2@管理人]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/636-8f5938f4
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。