上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局ふぐは食べなかった良2です、こんばんは。

まぁ生きてる内に食べれればいいんじゃないかな。

そんなわけで、山口県下関。
昨日、到着した時から『おいおい、山口超寒い!首都なんか目じゃない寒さですよ、これは』と愚痴っていたんですが、この日は朝から雪。
『正に俺寒気団』と多少、フテ腐れていたのですが、天候ばかりは仕方がないこと。
駅から無料バスに乗り込んで、いざ下関競艇場へ。

下関競艇場にくるのは3回目。
まだ2連単発売しかなかった頃なので、あまりはっきり覚えてないが、福岡の暴れ太鼓・田頭実さんで大儲けをしたのだけは覚えてる。

その時以来の参戦。
田頭さんはいないけど、何とか勝てればいいなと。

入場口で、競艇カレンダーの引換券をいただきましたが、荷物になるので断念。
荷物を預けてとっとと指定席(500円)に入りました。

しかしながら500円のくせにすばらしい。
机は広いし、椅子はゆったりでふかふか。
ドリンクはワンドリンク無料。

気になったのは、完璧な分煙が出来ていなかったことですかね。
実際、じじいが吸いながらこっちきてたし。
老害。

今日は『6号艇を中心に買う』と前の日からいきり立っていたのですが、いきなり1ー6ー5で2万近い配当。
三嶌選手の1号艇でこんな配当が出るなんて・・・こんな奇跡、もう二度とないんじゃないかな。
当然のことながら私は取ってませんよ。

2レースの6号艇は森秋光セミプロ。
しかも4号艇にはイーグルのボス小畑実成首領まで。
『ちっ、目障りな』と思いましたが、『これは4=6しかないだろ(笑)』とバカにしていたら本当に6-4できて、3連単2万舟とかでした。
岡山のファンなら余裕でゲットですよね。
当然のことながら私は取っていませんよ、ええ。

そのあと、すっかりやる気をなくして、肉まんとかドリンク飲みながらも石川-石田-北村とかで万舟げっと。

あと、菊地-峰-谷村の19000円配当を超押さえのゴミ券げっと。

一応、最終まででプラス。
しかし、プラスと呼べる金額じゃない。

自分的に旅打ちでは、かなりシビアにプラス収支を追求するのですが、最低ホテル代+夜飯代は浮かせたい。

なわけで、最終12レース。
中心で買うことなんてほとんどない選手である2号艇の耳から1号艇のエグソンで3連単、計1万2000円くらい購入。

結果、1ー2ー6でフィニッシュ。
ほんと、耳を引きちぎってやりたいぜ(^^)v

そんなわけで微妙に負け。
旅打ち初戦で負けると気が重いけど、負けた内に入らない金額だと自分に言い聞かせ、傷心のまま新幹線で博多へ向かったのありました。

博多では特に徘徊もせずにホテルでさっさと寝た。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/715-a5f6fb7c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。