上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
と、言うわけで蒲郡競艇場にやってきましたよ。


【ここまでの話を見ていないおともだちの為に前回までのあらすじ】
最近はナイターを買っても絶不調な、さえない男・良2。
昼間に買っておいた舟券が当たってプラスになったとしてもナイターで浮きを削られる毎日。
そんなダメ男が、心を落ち着かせ、ナイター不振から脱却する為に開発したのが『都築正治型安眠法』なるリラクゼーション。
しかし、これが自身の予想を遥かに上回る勢いでウザかった。
この悪夢を振り払うには、元から根絶するしか術はないと思った良2は、都築退治の為に蒲郡競艇場へと向かったのであった・・・。


愛知にくれば、そこら中から漂ってくる味噌の香り。
これぞ愛知、愛知最高。

そして蒲郡競艇場。
久しぶりすぎて泣けてくる。
これぞ競艇、トトまる最強。

先週の土日は競艇出来なかったから今日は思う存分発散させてもらおうか、蒲郡。

堂々と蒲郡競艇場に入場。
ガマには記念の時しかきてないからパン戦は新鮮。
そして現着レースを華麗にハズす。
最近、現着レース当たらなくなってきた。
調子に乗りすぎた報いですか。


4レース。
地元の塩崎はエンジン出てる。
浅見の弟もいい感じ。

塩崎=浅見-流し

塩崎-浅見-大串で、3480円を10まい的中。
昨日の電投と合わせてやっとこさ今節のガマ初当たり。
少し楽になった。


しかし、ここからが苦難の連続。

5R→ハズレ
6R→ヒモ抜け
7R→糞抜かれハズレ
8R→唯一3着に買ってない3号艇・大井が最後に抜いてまできやがって3着抜け

きつい。
やっぱり何か当たらないよ、蒲郡ナイター。
当たったと思っても最後にはハズレの形に持っていかれてしまう。
なんなんだこれ。

そんな時、失意のドン底にいた自分の携帯にメールが着信。
2009年は復活する!と宣言していたのに増えていくのはスパムだけなブログ『競艇徒然日記』の徒然さんから蒲郡に到着したという連絡だった。

これは心強い援軍。
一騎当千、水を得た魚。
ここからが本当の勝負だ!とばかりに奮起する。

が、徒然さんが来ても何も状況は変わらない。
むしろ悪くなった気さえするような散々たる結果。
いきなりバシバシとイン戦が決まり始める。

今節の蒲郡は、A1がたった1人(しかも糞ゴミ)だけという酷い状況。
なので、どの番組でも売れているからと言っても信頼出来ないし軸に推せない。

インから逃げた奴らも他がゴミだから逃げれたようなもんだった。

12R
1松元弥佑紀 2桂林寛 3大串重幸 4河相秀行 5長谷川巌 6西村拓也


遂に迎えた最終12レース。
これが泣いても笑っても最後のレースだ。
ここまで4レースの塩崎の当たりだけでそこそこマイナス。
ということは、ここで男を見せるしかない。

しかしながらなんちゅうメンバーだよ。
これがメインかと思うとやる気もなくすわな。

とにかく松元とかかなり信頼出来ない選手。
荒々しいラフプレーが信条の汚れのイメージしかない。
あとは、調教師の息子で名前を改名した(IN:弥佑紀→OUT:保徳)くらいかな。

うーん、うーんと悩んでいると向こうの方でおっさんが


『オレ、1の総流しで買ったよ!1流流!これっきゃねーよ!』


と、耳を疑うようなセリフが聞こえてきた。
すると、そのおっさんのツレのおっさんが


『松元はうめぇからなぁー!!』


と、今まで自分が生きてきて初めて耳にしたセリフが聞こえてきた。

正直、どっか別のマツモトさんと間違えているんじゃないか(松本勝也さんとか松本引っ越しセンターとか)と思ったが、目の肥えた愛知の舟券師がそこまで言うなら蒲郡では最強なのかもしれない。
とても①松元なんかは信じられたもんじゃないが、愛知のおっさんが言うことは正しいんじゃないかと思うくらいにこの時は弱っていた。

つか、さっきから誰がインでも逃げてるし、外から買うのがバカらしくなっているのも事実なんだよな。

気になるのは⑥西拓。
まだまだ若手のペーペーだが、なかなか良いレースをする選手。
いつも見かければ買うし、今が正に先物買いの時。
先日の新鋭王座でも万舟取らせてもらったし、ここは注目。

本線
1-6-流
1-3-6
押さえ
1-3-245

さすがに松元-流-流を買う度胸はないので、これで。

[結果]
わくなり123/456。
スタートはスロー勢が好スタートを決めてダッシュ遅れ気味。

①松元がインから先マイ決めて、③大串マクリに出て⑥西拓が差してキタ━━━(゚∀゚)━━━!!

先頭の①松元だけが抜けて、2着争いが他のみんなでダンゴ状態。

⑥西拓が真ん中から伸び気味。


『拓也ぁぁぁああああ!!いけぇぇぇええええ!!』


と、叫ぶと、2Mで⑥西拓が全速で回り2着争いから1人抜け出る。


『よっしゃあああああ!!!それしかねぇぇえぇええ!!!できたぁぁぁあ!!!1-6!!!』


最近、ナイターでは3着が抜けまくるからと、ちゃんと3着流し買っているから万全。
誰がきても当たり。


『やった(^^)v3着誰でもええぞー\(^O^)/』


と、思っていたら2周1M。
夢か幻か冗談か八百長か知らないが、何故か2着を走っていた⑥西拓の差しが、余裕で先頭だった①松元の懐に刺さっていた。


『ハァ?????ちょっと待て、なんじゃそりゃ!???』


信じられない。
腐ってもA1経験もある松元くん。
カスでもカスの中では、それなりに輝いてる松元くん。
あれだけ差があった先頭で、2着争いがあれだけ競り合ってくれてたのに抜かれてしまう松元くん。
湧いてくるのは怒りよりも脱力感。
ここまでやるのか、蒲郡競艇の神様。
いや、これはあんまりじゃないですか。
そりゃ掴みかけてた22万が吹っ飛んだら誰だって凹みますよ。


『松元はうめぇからなー!!』


あのおっさんのセリフが、いつまでも僕の耳にこだましていた。

20090207021645


抜き
6-1 3050円(8番人気)
6-1-4 22220円(61番人気)
【×信じられない】


とりあえず松元は名前改名する前にすることあるんじゃねーのか?
名前じゃなくて、一回存在自体をリセットした方がいい。
うん、間違いない。

そして、自分にとってこのレース。
間違いなくそこそこ長い競艇人生の中で1番のハズレ方。
本当、信じられない。

『よっしゃできた!これしかない!』

とか叫んでいた自分が恥ずかしい。
全然出来てないし。
過去に戻ってやり直したい。
いや、舟券を買い直すんじゃなくて、『全然出来てないよ』って過去の自分に指摘してあげたい。

『1の総流し』って言ってたおっさんにも『やめなよ』って言ってあげたい。
『松元はうめぇからなー』のおっさんは、このレースでよくわかったと思う。
過去に戻って指摘しても『いや、松元はうめぇから』って言われそうだからな。

あー、とにかくキツい。
競艇やめたいとかじゃなくて、さすがにもうやる気になれない。
競艇の神様が『もうやるな』って言ってるようにしか思えない。

そして何よりも、冒頭で言ってた都築が蒲郡にいなかった。


金はいらないから同情してくれ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
2009.02/11(水) あるよね~[かっぱ神様]
2009.02/11(水) [良2@管理人]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://ryo2.blog2.fc2.com/tb.php/749-df346271
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。